オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

小笠原激怒!レッズ森脇良太の"差別的発言"が物議を醸している


1点を争う好ゲームとなった浦和vs鹿島の一戦

昨季のチャンピオンシップ決勝の再戦となったカードは、チケット完売で5万7447人が詰めかけた埼玉スタジアムで行われ、鹿島が前半24分にFW金崎夢生が決めた決勝ゴールで1-0の勝利を収めた。

鹿島は相手の攻撃の起点や前線の連係を連動したプレスで封じると前半24分、金崎がゴール前で突進して放ったシュートが相手に当たって入り先制。後半は堅守とカウンターで相手の反撃をかわした。浦和は2試合連続無得点で2連敗。

この試合中、物議を醸す出来事があった

J1【浦和レッズvs鹿島アントラーズ】

後半33分
ボールキープからの両チームバッチバチ。
気持ちが入ってるからこそのバッチバチ。
最終的にみんなで小笠原選手をなだめる。 pic.twitter.com/EjgKB62PWn

これらのやりとりの中で森脇選手による侮辱的な発言があったとのこと。

このことはすぐさまニュースに

攻防がヒートアップした79分、コーナーフラッグ付近で両チームの選手が揉み合いになる騒動が起きた。

問題のシーンは後半33分。敵陣深くのコーナーフラッグ付近で、鹿島MF土居がボールをキープ。このプレーで土居はファウルを取られたが、主審の笛が鳴った後に、浦和MF興梠が土居を突き飛ばしたことでヒートアップ。両チームの複数の選手が入り乱れて一触即発の空気が流れた。

「色々なことを人生で経験するが、日本での生活では、日本人は外国人を受け入れて、文化と習慣に敬意をもって接すると思っている。今回、ゴールデンウィークで監督から子供たちにお手本、見本となるべきプレーや姿勢をしなければいけないと言われていた。そのような行為があったのは僕としては悲しい。注目度のある試合だけにガッカリする部分がある。僕は人生経験があるし、大人にもなった。悪いことは最初から止めなければいけない。そうでなければエスカレートする。言葉から違う暴力に発展する危険性も出てくる」

小笠原選手と森脇選手のコメントには相違も

小笠原は森脇がレオ・シルバに対して「臭いな、お前」と発言したと話したが、森脇は事実と異なるものだと否定している。

森脇は口論になった際につばが顔にかかったため、小笠原に「くさい」と文句を言ったことを認めた。侮辱する意図はなくレオシルバに向けた言葉でもなかったと説明し「子どもみたいなけんかで恥ずかしい。反省しなければいけないが、小笠原選手が何を勘違いしたのかは分からない」と困惑した様子だった。

浦和レッズのDF森脇良太は、鹿島アントラーズのMFレオ・シルバに対して侮辱的な言動と行為をしたとMF小笠原満男が話した件について、「小笠原選手が何をもって勘違いしたのかは分からない」と、レオ・シルバをターゲットにしたものではないと否定した。

ただし森脇選手には「前科」もあり心証はかなり悪い

「レッズの森脇選手が、レオ・シルバ選手に『くせえな、お前』という言葉を発した。レオと話をして、彼はいつもそういうことを言うと。以前ウチにいたカイオやダヴィにも同じことを繰り返した」

森脇は以前PKをはずしたオスカルを挑発した前科があるし、まぁそういう選手なんだろうな。

ダヴィのキス事件とも話が繋がったね。これでも森脇の言うこと信じる人間がいるのかね。

この場面、味方であるラファエルシルバの表情にも注目があつまった

味方のラファエルシルバまでキレて那須と小笠原に仲裁されてるけど森脇何言ったんだよマジで
#森脇 pic.twitter.com/BhmRO6ZU5X

ラファエルシルバもレオシルバにはだいぶ世話になったらしいしその恩人が侮辱されたら味方とはいえキレるわな

これちょっとラファエルシルバも森脇に怒ってるように見えるんやけどきのせい?

静止画ばかり見てるけど、たしかにラファエルシルバが森脇と対立というか、鹿島側に紛れてる。

これらの印象は新潟時代、同僚だったレオ・シルバとラファエルシルバが非常に仲が良かったということも影響しているようです。

動画で見るとラファエルシルバは全体を沈静化させようとしているだけに見える。

その真相、またJリーグからの処分について注目が集まります

-Uncategorized

×