オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

高木京介選手・・・復帰おめでとうございます


「恩返しするためには、復帰しかないと思い、復帰申請しました」 3月22日

森田清司総務本部長は「当時は1年間の失格処分で、それでも制度上、
処分期間明けで必ず復帰できるものではなかった。
だから本人としても野球に戻れるかどうか分からない状態にあったが、
周囲の大学、高校の恩師とか、かつての学生野球時代の仲間が、
ぜひ復帰を目指して頑張れというように応援してくれたから、その声に応えるために練習を続けた。
恩返しするためには、復帰しかないと思い、復帰申請しました、という内容です」と明かした。
http://blog.livedoor.jp/nanjstu/archives/50911187.html

張本勲氏、高木京介投手について「更生の道をつくってあげて」  3月13日

コメントを求められた張本氏は、「大馬鹿者ですよ」と一喝。「広い世間を狭くしてね、両親に死ぬほど心配をかけて、友人・知人に迷惑をかけてどうするんだ」などと怒りを露わにした。
しかし、「ただねえ、援護するんじゃないですよ」としたうえで、高木投手の賭博が八百長行為ではなかったことを指摘。「敗退行為をしていないから。自分で投げて、負けようとして、そういうことをしたら永久にダメですけど。自分のお金で賭けたからね」などと話し、「まだ26歳ですよ。ちょっとだけ道を開けて、更生の道をつくってあげてもらいたい。ペナルティーを課してもいい」などと更生のチャンスを訴えた。

高木京介投手は1年間失格処分。野球賭博をした他の選手より軽い理由は?  3月22日

報告書では、高木選手の処分を他の3選手よりも軽くすることが適当とした理由について、野球賭博への関与の程度に「相当な差異が明らかに認められる」としている。その根拠として「野球賭博を行った期間が短く回数も少ない」「他選手を勧誘していない」「野球賭博常習者と交際していた事実が認められない」などの点を挙げている。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/03/22/kasahara-giants-npb_n_9520116.html

野球賭博で解雇された「高木京介」ついに巨人と再契約へ      3月17日

「高木が今月末にも古巣巨人と再契約する。だが、他球団も狙っていて、なかでも楽天が強い関心を示している」
「処分直後、高木は母校の星稜高校に救いを求めるも拒まれ、見かねた巨人が救った。が、再び巨人のユニホームを着るのは難しい状況。ただし、『反省した者に冷たい球団』と批判される可能性がある。そこでいったん、巨人と再契約後、パへ移籍するのが現実的でしょう。巨人は復帰させるのではなく、復帰の道を探ってやるという姿勢」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170317-00010002-jisin-ent

失格処分が3月に解除、高木京介の巨人復帰は? プロ野球記録を継続中の投手が球界から消えるのか… 1月22日

「去年は表立って姿を見せず、故郷の石川県のほうで個人的に練習していただけと聞きます。独特のカーブを武器にデビューから139試合黒星ナシというプロ野球記録を継続中の投手がこのまま球界から消えるとしたら、あまりにもったいない」
果たして今後、救いの手を差し伸べる球団は出てくるか。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170122-00078629-playboyz-base

復帰申し入れ高木京介元投手 巨人ナインの気になる反応3月23日

巨人は22日、昨年3月に野球賭博に関与したとして日本野球機構(NPB)から1年間の失格処分を受けた高木京介元投手(27)から復帰したいとの申し入れがあったと発表した。23日にも球団がコミッショナーに復帰申請を行い、認められれば育成選手として契約する方針。一連の野球賭博に関与した選手の現役復帰は初めてとなるが、気になる巨人ナインの反応は……。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000028-tospoweb-base

復帰申請解禁も前途多難 再雇用には風当たり強く 3月23日

将来的に処分を解除されたとしても、巨人が選手、あるいは球団職員として再雇用すれば風当たりは相当に強いはず。手をさしのべるNPBの他球団を探すか、海外や独立リーグに活路を求めるか。いずれにしても並大抵の道のりではない。

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20170323/bbl1703231130005-n2.htm

野球賭博の高木京が処分解除…巨人は再契約かトレードか 3月23日

「高木が4人目の野球賭博関与者として発覚したことで、当時の渡辺球団顧問、白石オーナー、桃井会長の球団3首脳が引責辞任した。再契約までの面倒は見ても、巨人のユニホームを着て一軍で投げることには強いアレルギーを持っている人間が読売内には少なくない。復帰したらしたで、野球賭博問題を蒸し返される。再契約後に自由契約にするかトレードに出すという可能性はある。ただ、巨人はオープン戦で絶不調。オフの大型補強が機能せず、投打に不安を抱えたまま開幕に突入することになりそう。この先のチーム状態によっては、高木の処遇にも変化が出てくるかもしれません」

面談重ね反省確認…巨人 高木元投手と育成契約へ 3月23日

あれから1年。失格処分明けとなったこの日、高木元投手が巨人に復帰申請書を提出した。森田清司総務本部長は「一両日中に意見書をまとめて、熊崎コミッショナーに提出する予定です。意見書では高木君の復帰をお願いすることになる」と球団の考えを明かした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000087-spnannex-base

-Uncategorized

×