オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【センバツ】組み合わせ決定!第89回選抜高校野球大会のベスト8予想


◆Aブロック(至学館/呉/日大三/履正社)

このブロックは神宮王者の履正社が勝ち上がってくると予想。早実を苦しめた日大三との初戦が鍵となる。

明治神宮大会優勝校の履正社は投打において盤石の布陣。東の清宮・西の安田といわれ、清宮と比較される世代最強スラッガー安田 尚憲だけでなく石田 龍史、若林 将平などの好打者が1番から9番まで名を連ねる。また投手陣もエースの竹田 祐を筆頭に田中 雷大、松井 百代など粒ぞろいだ。

今年はドラフト上位候補の安田尚憲内野手、主将の若林将平外野手を中心とした打力も魅力。エース・竹田祐は昨秋公式戦の防御率は14試合で1.87と高い数字を誇っている。

いきなり日大三高と履正社は燃える誰か見に行こー

とりま、選抜の楽しみは
日大三VS履正社

一回戦で履正社と日大三って 初日に白鵬対稀勢の里戦やるようなもんじゃ…

◆Bブロック(熊本工/智弁学園/高岡商/盛岡大付)

東北大会準優勝の盛岡大付が勝ち上がってくると予想。しかし、熊本工、智弁学園など強豪校が揃っているのでどこが上がってきてもおかしくない。

第89回選抜高校野球大会(3月19日開幕、甲子園)に出場する盛岡大付(岩手)は、最速140キロを超える強力3投手を擁する。

昨夏の甲子園を経験した左腕・三浦瑞樹、昨秋の東北大会で背番号1を任されたドラフト候補・平松竜也、最速145キロを誇る臼井春貴(いずれも2年)はともに横浜瀬谷ボーイズ出身。

20日の高岡商(富山)-盛岡大付(岩手)は見たいですね

ミーハーだから盛岡大付とかがどこまでいけるか楽しみや

◆Cブロック(報徳学園/多治見/中村/前橋育英)

兵庫大会準優勝の報徳学園が勝ちあがってくると予想。今大会限りでの引退を表明している永田裕治監督の有終の美を飾れるか。

今年はスラッガー・篠原 翔太、神頭 勇介、片岡 心のクリーンナップに加え、大型ショートストップ・小園 海斗と野手陣の力量の高さは全国トップクラス。また守備力は高く、特に遊撃・小園、二塁・片岡との二遊間コンビは注目だ。

投手陣は制球力の高さが光る西垣 雅矢が粘り強い投球で、厳しい兵庫県大会、近畿大会を投げぬいてきた。あと一本の勝負強さを求め、上位進出を狙う。

2日目に報徳学園きてるううううう
小園くん見れるうううう

報徳の初戦は多治見か。ボコボコにするぞ。

我らが報徳JAPANは21世紀枠と対戦やから多分勝てるやろ

◆Dブロック(創志学園/福岡大大濠/東海大市原望洋/滋賀学園)

激戦ブロック、その中で神宮大会ベスト4の福岡大大濠が勝ち上がってくると予想。好投手を擁する東海大市原望洋や滋賀学園にも注目したい。

福岡大大濠(福岡)も26年ぶりとなるが、エース三浦銀二(2年)は、昨秋の明治神宮大会でクレバーな投球ぶりを披露している。失点が計算できる投手だけに、安定した戦いぶりが期待できそう。

エースの三浦は『ミスター完封』の異名を持ち、秋季九州大会では2回戦から準々決勝を3試合連続完封勝利。決勝の東海大福岡(福岡県)戦では3失点を喫し、連続イニング無失点は33でストップしたものの完投勝利をマーク。見事、九州制覇を達成した。

福岡大大濠っていうとミスター完封三浦くんのところか。

はよセンバツ見たい
福岡大大濠の三浦くんみてみたい

-Uncategorized

×