オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【怖い】 バルサに大逆転で敗れたPSG、母国に帰ったら大バッシング!!!


・バルセロナに大逆転負け

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦バルセロナ対パリ・サンジェルマン(PSG)が行われ、6-1とバルサが勝利。2戦合計スコアが6-5となる大逆転劇で、バルサが準々決勝進出を果たした

・指揮官は審判を批判

我々は大きなチャンスを逃してしまった。
前半は試合をコントロールできず、全体が下がってしまい、攻勢の相手に多くの得点機を与えた。後半に入ると選手のポジショニングは良くなり、プレーも改善されていった。
カバーニのゴールで1点を返した後、我々にはさらに点差を詰めるチャンスが与えられるはずだったが、審判の判定はそれを許してくれなかった。終盤、バルサは一か八かの総攻撃を仕掛けてきて、思い通りの結果を手に入れた。同時に我々は、全てを失うこととなった。
これは私にとってもクラブにとっても、とてもネガティブな経験となった。この試合から、我々は何かを学ばねばならない。

・会長はガッカリ

ケライフィ氏は「第1戦で勝利した後、準々決勝に向けて勝ち進めると意気込んでいたことは確かだ、ただ、サッカーでは何が起こるか分からないもの」と続け、第1戦の大勝で慢心が生まれたことが逆転を許した一因になったと言及している。

 「88分まで1-3の状況だったのに、そこから7分でまさか3ゴールを奪われると思っていなかった。選手たちはよくやってくれたけど、まだ話をしていない。今は言葉をかけるのが適切な時期ではないね。落ち着いてから改めて話し合おうと思う」と続け、落胆している自チームへの選手たちに配慮するコメントを残している。

・ファンが負傷

・空港で襲撃

選手が乗る車と接触!?

チームの敗戦に激怒した約30人のサポーターが、仏パリ(Paris)郊外のルブルジェ(Le Bourget)空港でPSGの選手たちを待ち構え、サポーターやカメラマンが道路上で通行を妨げる無秩序な状況の中、モッタは自身のスポーツカーを発進。車体をたたいた一人の男性が車と接触した。

警察関係者がAFPに明かしたところによると、男性は病院に運ばれたものの軽傷だという。その後、男性はこの事故の被害届を提出している。

 仏国境警察中央局が捜査を開始する中、PSGは同日に声明を発表し、空港で選手たちを出迎えた一団の振る舞いを非難して、モッタを擁護した。

・サッカーファン

バルセロナのこの試合
審判厳しすぎやろ……
何であれがPKになるんだよ

パリ・サンジェルマン可哀想やわ….

パリ・サンジェルマン4ー0ひっくり返されたんかい

モッタひき逃げしたんかいw さすがにまずいぞそれは、シャレにならん

パリの空港で出待ちの激怒サポがモッタ仙人の車囲む→当たり屋される

いろいろとおかしい。そもそもモッタ仙人は悪くないやろ…

-Uncategorized

×