オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

目指すは師匠オシム超え!?間瀬秀一監督率いる愛媛FCの戦いに注目が集まっている


毎年激戦が繰り広げられるJリーグディビジョン2

例年以上に混戦で、毎試合が厳しい戦いになるであろう今年のJ2リーグ
今年旋風を巻き起こすのは、FC岐阜かもしれないな⚽⚽

開幕戦から闘莉王パワープレーが飛び出す、これが魔境J2か。

松本、京都、岡山、昨年のプレーオフ3チームが全て負ける魔境J2

そんな中、注目を浴びているチームの1つがこちら

愛媛FC(えひめエフシー、Ehime FC)は、日本の松山市を中心とする愛媛県全県をホームタウンとする、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブ。

愛媛FCの公式マスコットは「ORANGE」というサッカー漫画の作者で愛媛県出身の能田達規氏のデザインによって描かれたマスコットで「伊予柑太」のほかにも「オ〜レくん」「たま媛ちゃん」という公式マスコットがいます。
1チームに1マスコットが比較的に多いJリーグですが、愛媛FCは3体の公式マスコットたちを抱えるめずらしいチームです。

横浜F・マリノスユース出身の齋藤は、高校3年生だった2008年のシーズン途中にトップチームに登録されるなど、当時からその将来を嘱望されていたが、山瀬功治らを擁した当時の横浜では充分なプレータイムを得ることができず、2011年にJ2の愛媛FCへと期限付き移籍する。愛媛では開幕戦からチームの中心選手として活躍し、湘南ベルマーレ戦で決めた華麗なドリブル突破からのゴールは、当時湘南の指揮官だった反町康治から「愛媛のメッシにやられた」と言わしめるほどのインパクトを残した。

その他、高萩選手、森脇選手、内村選手など愛媛で頭角を現した選手は数多い。

注目を浴びている理由の1つはチームを率いる間瀬秀一監督の存在

三重県の暁高から日体大に進み、FW、MFとして米国2部、メキシコフットサル1部、グアテマラ2部、エルサルバドル2部、クロアチア2、3部でプレー。見知らぬ外国の地で生きるためにできることは何でもやったという。「メキシコでは生活のために、リフティングやバック宙といった“大道芸”で小銭を稼いだ。

現役時代のポジションはMFとFWで、日本語のほか、英語、スペイン語、ポルトガル語、クロアチア語を話す。2003年から06年まで当時J1だった千葉(現J2)で、後に日本代表監督となるイビチャ・オシム監督の通訳を務めた際には、機知に富んだ通訳で数々の“オシム語録”を演出する立役者となった。

そして2006年7月にオシム氏が日本代表監督へと就任したため、ジェフの監督を引き継いだオシム氏の長男であるアマル・オシム氏の通訳となり、その後2007年よりジェフのトップチームコーチとなり、指導者としてのキャリアをスタートさせます。

元通訳という経歴はモウリーニョを想起させる

いくら能力が高くてもコミュニケーションが取れないという理由だけで選手の能力が発揮されないケースは多々あります。ただし、モウリーニョと決定的に違うのは間瀬監督はプロ選手として豊富な経験がある点。

1990年代始めに、ボビー・ロブソンの通訳として、ポルトガルのスポルティングCPとポルト、スペインのバルセロナで働いた。ロブソンの退任後もバルセロナに残り、後任のルイス・ファン・ハールと働いた。

近年、若く優秀な監督がトップクラブで活躍しているが、彼らに共通するのが高い語学力である。通訳経験のあるインテルのモウリーニョに加え、リバプールのベニテスも複数の言語を巧みに操る。

多国籍化が進む欧州トップクラブを率いるにあたり、世界から集まる選手と通訳を介さずに直接話ができるメリットは大きい。

その戦術や指導方針とは?

間瀬監督が提供する練習メニューは多彩で、ユニークなものも多い。室内でのモニターを使った「速読」の練習や5色のビブスを5名で着用するパス練習は極めて面白い。階段や砂浜を使ったハードなフィジカルトレーニングも行い、練習は長時間に及ぶ。

全体練習の際には、大きく声を発し、ハッキリと独自のビジョンを選手個々に伝えていた。「言葉」を大切にしているのか、長話しになることも多い。トレーニング開始前には会議室で長い時間、入念なミーティングを行う。

秋田のフォーメーションは昨季と同じ[3-4-2-1]。5バックの守備ブロックを敷く堅守速攻をベースにしながら、ハイプレスを効果的に交え、ボールを保持して攻める技術力も備える。

前年とやるサッカーがかなり変わっていた模様。

常々「目の前の試合を全力で戦う」と話すとおり、試合前には対戦相手を徹底して分析し、綿密な準備をした上で、自分たちが理想とする攻撃的なサッカーを目指す姿勢は一貫している。今季は「流動性」をテーマに掲げ、選手とボールがダイナミックに動くプレーを見せている。

目指すは師匠のオシム超え!

間瀬監督にはカリスマ性を感じるし、面白そうだな。まじで今シーズンは愛媛も追っかけるわ。

人もボールも動き
スピードも速くなって
かなり面白いサッカーしてたな!

何よりシュートへの意識がいいな

いつか
愛媛で間瀬監督の
特技バク宙見れるかな?笑

-Uncategorized

×