オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

難病を乗り越え逆転優勝!フィギュア三原舞依が200点超え初優勝


▼ショートで4位だった三原舞依がフリーで逆転!シニア初出場初優勝を飾った!

三原舞衣 1999年8月22日、兵庫県生まれ。17歳。

ショートプログラム(SP)4位スタートの三原舞依(17=神戸ポートアイランドク)が、フリー134・34点の合計200・85点で劇的な逆転初優勝を果たした。

冒頭のルッツ-トーループの連続3回転ジャンプを成功させ、そこからは「シンデレラ」に乗って完璧な演技を披露。ノーミスで終え、初の200点超えを確認すると「キャー!」と絶叫。

SPで66・51点だった三原は、この日のフリーで134・34点をマークし合計200・85点となった。

合計200点超えは日本では宮原知子、浅田真央、安藤美姫に次ぐ4人目。

日本人4人目の200点超えで逆転優勝。「自分が1位という位置にいるなんて信じられなくて夢のよう。もうビックリしすぎて分かんない」。うまく笑えず、戸惑う姿が初々しい。

・エース宮原知子が不在、日本勢が苦戦する中での優勝

エースの宮原知子(18)=関大=が故障で欠場。「世界選手権へ一緒に行くメンバーで良かったと、少しでも思ってもらえるように頑張りたかった」と自身を鼓舞した。

最終組で滑走した三原の前には、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が172・05点、本郷理華(邦和スポーツランド)が167・42点と本来の力を出せずに演技を終えていた。

結果を残しながらも「自分はまだまだ」と謙虚さを忘れない。だが、負けず嫌いでもある。「(代表に)選んでいただいたからには、世界の舞台で三原舞依ってこんな選手だよ、と表現していけたら」。

▼Twitterでも三原舞依の逆転優勝に祝福の声があふれた

フィギュアのニュース見てビックリ!三原さん優勝おめでとう!!!

うお!三原さん優勝!?!?!しかもガブちゃん未来ちゃん!?やばいみんなおめでとう!!!!!

四大陸フィギュアも、2歳児を寝かしつけたので見ることが出来ず
結果はネットで知ったけれど、見たかったな。
三原さん、逆転優勝すごい!!

昨夜は寝落ちして、フィギュアを見られなかった_| ̄|○
三原舞依選手、優勝おめでとう.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。.

三原麻衣ちゃん病気乗り越えて
しかも優勝なんてカッコ良すぎ。

前の大会もすごく楽しそうだったなあ。

四大陸選手権、三原舞依さんが優勝。
年末の全日本選手権見ていいなー、って思ってたから嬉しい!

三原舞依ちゃんが優勝して、表彰台に立って君が代を歌っている場面を車のTVで見てめちゃくちゃ嬉しかった(*^▽^*)
昨日は諸事情により夕方以降TVもネットも遮断していたので、ホントに驚いた。
病が舞依ちゃんの前途を阻むことの無いように心から願います。
おめでとう舞依ちゃん♪

▼フィギュアスケートを始めたきっかけは浅田真央

05年のGPファイナルで優勝した真央の演技に心を奪われ「私もやってみたい」とフィギュアの世界に飛び込んだ。昨年10月のスケートアメリカで初対面。第一声で「ヤッホー」と声をかけられて興奮した。

「一緒に同じ会場にいられるなんて夢じゃないか」と頬をつねった。一緒に写真を撮ったのは最高の思い出だ。表彰式では10年バンクーバー五輪金メダルの金妍兒さん(26)から花束を受け取り「1年後、またここへ戻ってきたい」と気持ちを新たにした。

金妍兒=キム・ヨナ

▼若年性特発性関節炎…三原舞依を襲った闘病生活

ジュニアでも徐々に活躍の場を広げていた一昨年末、全身の関節が痛む難病「若年性特発性関節炎」を発症した。

-Uncategorized

×