オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

ブンデスリーガ嵐の目!世界の名門が狙うであろうRBライプツィヒのヤングスター達


今期ブンデスリーガの嵐の目になっているライプツィヒ

ライプツィヒが優勝したらブンデスとは言えレスター以上の衝撃なんじゃないの

この躍進振りに選手達の評価もうなぎのぼり

リバプールが、ドイツ2部のRBライプツィヒに所属するスウェーデン代表MFエミル・フォルスベリに興味を示しているようだ。3日に英紙『デイリー・スター』が報じている。

スコットランド生まれのバークは2005年にノッティンガムの下部組織に加入した。そのスピードやフィジカルから”次代のガレス・ベイル”とも呼ばれ、この夏にはトッテナムやマンチェスター・ユナイテッドから興味を持たれていたようだ。

同紙によると、アーセナル所属のミケル・アルテタ、マテュー・フラミニ、トマシュ・ロシツキが今夏に退団する可能性があり、中盤の補強が必要になるとのこと。その獲得候補の一人としてケイタの名前が浮上し、実力を調査するためスカウトの派遣も行っているようだ。

そこで今後マーケットをにぎわすであろうヤングスター達をまとめてみました

この数ヶ月の間に、ティモ・ヴェルナーはまたひとつ新たな記録を塗り替えた。史上最年少でブンデスリーガ通算100試合出場を達成したのだ。

彼のプレースタイルは典型的なストライカーである。しかし、単なる点取り屋ではなく、果敢な仕掛けやオフ・ザ・ボールの動きも抜け目がないところが最大の特徴である。相手選手を嘲笑うかのよう切れ味抜群のドリブル突破も持っている若き逸材である。

ラングニックSDは「ここを次の成長の場として決断してくれて嬉しい。彼のもつダイナミズムさ、素晴らしいテクニック、戦術的能力、そして彼の人間性という面からも、我々のような若いチームにとって理想的な補強だよ」と喜びを語った。

運動量豊富で攻撃参加がうまく、機動力豊かで守備にも穴を開けない。レッドブル・ザルツブルクではドリブルでも力を発揮、若干持ちすぎのきらいはあるが長い距離を持ち運べるしキープ力も抜群だ。

特徴はゴール方向への鋭い飛び出しと接触プレーでも体勢を崩せずフィニッシュに持ち込める卓越したボディバランス。左サイドからゴールに直結するプレーができるため、“第三のストライカー”として相手ディフェンスには危険な存在となる。

ライプツィヒでのポジションは4-2-2-2の2列目の左。
キックの精度が高く得点能力もあるが、それよりもアシストの力が凄い。
FKも得意としていて直接FKでは無回転を蹴る。

エチオピア人の父とドイツ人の母を持つハーフで、身長192cmの長身でありながらスピードを兼備。クイックモーションにも優れるしなやかなFWです。

身長192センチと上背はあるが足元にも優れ、ゴール前で非常に落ち着いている。今季のブンデスリーガでは5得点しているほか、それ以上にアシストを記録。スピードを武器にシュートエリアに入り込むだけでなく、前線からのプレスでチームのために働いている。

バークは故郷スコットランドではウェールズ代表MFギャレス・ベイル(レアル・マドリード/スペイン)に例えられる逸材だ。その理由は彼のプロ初ゴールにある。

ラングニックSDはベタ惚れしたバークと相思相愛だったことを明かしている。「彼はまだ19歳ながら飛び抜けた才能を持ち、とてつもない可能性を秘めている。スコットランド代表歴は伊達じゃない。彼のスピードとプレースタイルは我々の哲学に見事にはまっているし、彼自身もここで成長したいと思っている」

-Uncategorized

×