オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

ブレイク間違いなし!ブンデスリーガで今後期待のティーンエイジャー達


世界でも有数の強豪リーグであるドイツブンデスリーガ

ドイツにおけるサッカー・ブンデスリーガ(ドイツ語: Fußball-Bundesliga フースバル・ブンデスリーガ、サッカー連邦リーグ)は、ドイツのプロサッカーリーグである。1部、2部それぞれ18クラブ、3部20クラブの合計56クラブが所属している。観客動員数では世界第1位のプロサッカーリーグである。

ドイツサッカーリーグ(DFL)は7月21日、2015/16シーズンの1試合平均観客数が4万2421人であったことを発表した。2014/15シーズンの 4万2685人を若干下回ったものの、サッカーリーグでは引き続き世界一の観客動員数となった。総観客数(306試合)は1298万815人だった。

近年若き才能が次々と出現している

先日、ドイツ人史上最高額でマンチェスター・シティ移籍を決めたサネ。20歳の同選手はジョゼップ・グアルディオラ新監督のもとで大きく羽ばたくことが期待されている

2014年のブラジルW杯で世界王者となったドイツ代表だが、世代交代も着々と進みつつあり、新戦力も台頭した。

スペインのFCバルセロナで3冠を達成したGKテア・シュテーゲンが、母国ドイツではA代表どころか年代別代表でさえポジションが安泰ではないことでそのレベルの高さが話題を呼んだドイツのGK事情。

そこで近い将来ブレイク間違いなしのティーンエイジャーをまとめました

先日のドルトムント戦でついにブンデスリーガデビュー。短い時間ながら正確なロングフィードやオバメヤンに後ろから追いつく驚異のスピードを見せた。

マンチェスター・U、チェルシー、バルセロナ、レアル・マドリー、バイエルンなどが獲得を狙っていたとされるフランス期待のDF。15-16シーズンにザルツブルクがヴァランシエンヌの下部組織から引き抜き、今シーズンは18歳という年齢ながらここまでオーストリアリーグで15試合に出場し、ヨーロッパリーグでも4試合ピッチに立つなど、注目を集めていた。

彼のプレースタイルは勇敢、そしてアグレッシブ。しかし、決して軽はずみということではなく、むしろ高い確実性を持ち合わせている。さらにポジション取りがうまく、試合を読む能力にも長けている。また、ビルトアップでは視野の広さを発揮し、確実なドリブルで相手ディフェンスを崩すこともできる。同じフランス人DFのラファエル・バラン(レアル・マドリード/スペイン)、そしてマッツ・フメルス(バイエルン・ミュンヘン)を彷彿とさせる選手だ。

攻撃面での優れたアイデア、ポジショニングは的確。ダイナミックなドリブルでボールを運ぶ半面、相手からプレッシャーを与えられたときは無理せずにフリーの味方にパスを繋ぐ冷静な一面を見せている。

スピードと細かいタッチのドリブルで、サイドの高めの位置でボールを持つと、中にカットインしてのパスやシュートというのが得意パターン。スピードだけじゃなくアスリート的な能力(身体能力)が高く、ドルトムントでは、ドイツ代表の先輩でもあるマルコ・ロイスに似たタイプの選手といわれているようです。

独特のボールタッチで局面を打開する。長谷部のチームメイトでもある。

左右両足を自在に操り、足裏を駆使したボールキープを得意としており、同じ北アフリカにルーツを持つジダンの現役時代を想起させる長所を備えている。

ブルーノ・ヒュブナーSDは「フィジカルに長け、アスレティシズムとテクニックを持ち合わせている」と評価。

リーグアンのレンヌからドルトムントに移籍した19歳のU-21フランス代表FWウスマン・デンベレ。レンヌの下部組織で育ち昨年10月にトップチームに昇格すると、1年目にしてリーグ戦26試合出場で12得点を記録する大活躍を見せた。

デンベレのフィジカルの特徴は、下半身のクイックネスが長けているところです。178㎝とウイングとしては標準的な体格で、やや足が短いため重心が低く、その身体的な特徴が爆発的なクイックネスを支えています。

2014/2015シーズンはリーグ戦26試合出場で10得点を決め、昨季もリーグ戦27試合出場で10得点を記録する活躍を見せた。

スピードにあふれ、屈強な肉体を持つエンボロの得意なポジションはセンターフォワード。時折サイドに流れ、チャンスメークすることも少なくない。

-Uncategorized

×