オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

日本代表DF吉田麻也がワールドクラスだと世界で話題に


吉田麻也の所属するサウサンプトンは11月30日、イングランド・フットボールリーグ杯5回戦でアーセナルと対戦

前半12分に自陣でボールを持った吉田が左サイドへロングフィード。この流れから最後はヨルディ・クラーシのゴールが生まれる。

前半のリードを守り切ったサウサンプトンは1986-1987シーズン以来、大会3度目となる準決勝進出を果たした。

攻守に渡り活躍した吉田はこの試合でフル出場を果たしています。

この試合での吉田のプレーが話題に

吉田のこの試合でのタッチ集です。守備でも大いに活躍していますね。
注目すべきは1分00秒頃~のビューティフルなロングフィードです!現地解説も絶賛していました。

この試合でのプレーを見たサポーターは

吉田を大絶賛していますね。

吉田のライバルは強い・・・

サウサンプトンに所属する日本代表DF吉田麻也にとって厄介なのは、ポルトガル代表のジョゼ・フォンテとオランダ代表のフィルジル・ファン・ダイクのセンターバックコンビだ。

今シーズン出場9試合と出番の少ない吉田だが、回ってきたチャンスでクロード・ピュエル監督にアピール。

好アピールもあってサポーターから絶賛された吉田をスタメンに推す声も

リーグ戦では出番が限られている吉田だが、強敵アーセナルを打ち破った一戦で確かな存在感を見せつけていたようだ。

果たして吉田がフォンテからスタメンを奪い取る時は訪れるのか。ファン・ダイクの評価は相変わらず高いが、ファン・ダイク&吉田のコンビに切り替わる日がくるかもしれない。

代表でも不動のCBの地位を築いている吉田。クラブでも活躍できれば成長し代表でもさらに活躍してくれるでしょう。楽しみですね!

-Uncategorized

×