オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

約1年8か月ぶり!内田篤人がピッチの上に帰ってくるかも


■ロシアW杯アジア最終予選真っ只中のサッカー日本代表

最終予選折り返しとなる5試合を終えて、日本は3勝1敗1分けの勝ち点10でワールドカップ出場圏内の2位。

後半戦も厳しい戦いが続く

最終予選の次節は4カ月以上の間が空いた3月23日で、初戦で敗れているUAEとのアウェーマッチ。

■そんななか、頼れる”あの男”がピッチの上に帰ってくるかも!

昨年3月に右脚の膝蓋腱を負傷、同年6月の手術後はリハビリを続けるも、約21ヶ月も公式戦のピッチから遠ざかっている内田。

そんな内田が、12月8日に行われるELグループステージ第6節のザルツブルク戦で待望の実戦復帰を果たす可能性が浮上。

シャルケのシュスターSDは「彼が今年中にピッチに復帰するという高い目標を達成できると大きな希望を抱いている」と発言。

現状について本人は…

「ちょっと前に反射神経を鍛えるトレーニングがあって、その時に『チームで一番だったら練習復帰させてくれ』って言って、ちゃんとトップを取った(笑)」

「『チームと全部やらせてくれ』って言ってるし、動きは戻ってきてるから、あとは思いがけない事故とか負荷に耐えられるかどうか」

うっちー復帰!
そうだ!あたし内田担だった!!

うっちー実践復帰!?
嬉しい~(T T)

2015年3月10日のCLレアル・マドリード戦以来のプレーする姿が見られるかも

■長く続いていた怪我との闘い

シャルケでの2シーズン目となる、2011-12シーズン開幕前に筋肉系の怪我を負う。

内田もそれに当てはまり、以降様々な箇所の小さな(筋肉系)怪我を繰り返した。

怪我を悪化させる根本的な原因となったのが、2014年のブラジルW杯

それでも内田は、脚が万全な状態ではないにもかかわらず同年6月のブラジルW杯に強行出場し全3試合に出場した。

そのまま14-15シーズンを終え、シーズンオフの同年6月にシャルケが希望する保存治療ではない、右膝の手術を実施。

-Uncategorized

×