オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【レアル・マドリー】2016-2017の試合サマリー


【La liga第13節 終了時点】
 1位 レアル・マドリー(勝ち点33:10勝3分0敗)
 ※2位 バルセロナ(勝ち点27)
【CL GS第5節 終了時点】
 Group F 2位 レアル・マドリー(勝ち点11:3勝2分0敗)
 ※1位 ドルトムント 勝ち点13
【国王杯(コパ・デル・レイ)4回戦 終了時点】
 ベスト16 (対戦相手は12/23の抽選会で決定)

【予定】
★今週⇒【La liga】第14節 vsバルセロナ 2016/12/3(土)24:15
・来週⇒【CL】GS第6節 vsドルトムント 2016/12/7

【国王杯】4回戦 2nd Leg vsクルトゥラル・レオネサ ○ 2016/11/30

・マリアーノのハットトリック、ハメス、エンツォのゴール
・エンツォ・ジダン、ルベン・ジャニェスが公式戦デビュー
・ウーデゴール、アスンシオが先発
・コロンビアで起こった飛行機事故犠牲者のために黙祷が捧げられた

【La liga】第13節 vsスポルティング・ヒホン ○ 2016/11/26

前半20分までのロナウドの2点が勝負を決した。とはいえ、ヒホンの得点は、モドリッチのありえないミスパスによるもの。というのも、かなりどしゃぶりで、得点までいかなそうな展開。そのまま終了。びちょびちょで、途中から普段のようにパスをつないでえんやこら。これでは途中から入ったマルセロ、イスコも単独では走力、技術をあんまり生かせず。ちなみに先発したハメスはなかなか試合に入れず後半に交代。

・クリスティアーノ・ロナウドがリーガ得点ランキングの単独トップに
・マルセロ:リーガ200勝達成
・シーズン3年目でハメスはリーガ50勝を達成
・コバチッチ、公式戦50試合出場
・2位バルセロナとの勝ち点差は6に

【CL】GL第5節 vsスポルティング・リスボン ◯ 2016/11/22

・ルーカス・バスケスがレアル・マドリードで50試合に出場
・ベンゼマ、CL得点で通算36ゴールとし、レアル・マドリード選手としては4番目の同大会得点記録になった

【La liga】第12節 vsアトレティコ・マドリー ◯ 2016/11/19(土)

うまくいく日もある。惜しくも掻き出されたが、最初のヘディングから際どい予感が漂ったクリスチャーノ・ロナウド。ゴール前のフリーキックはミスキックが壁に当たって入り、自身が獲得したPKを決め、ベイルのクロスを叩き込む。ここでハットトリック。素直にすごい。途中交代も満足げ。
イスコはキレキレ。天才と同列に並ぶ。重心の置き方、ずらし方と華麗なボールタッチ。難しい局面をいともたやすく何とかする。モドリッチもすこぶる上手い。トニ・クロース不在でも中盤は淀みなし。
アトレティコは、後半、カラスコを中心に奮闘するも、鉄兜にむかう花火のように届かない。ことごとく跳ね返すヴァラン、集中して粘り強いナチョのおかげ。

「C・ロナウドのハットトリックにより、レアル・マドリードはカルデロンでの最後のダービーでアトレティコ・マドリードに屈辱を与えた。この大差は試合を見た者にとってはそれほど驚きではない」

・ジダン:「とても良く試合の流れを読み、しっかりとしたスタートを切った。ここで0−3で勝利できるチームはほとんどいないから私は満足している」
・ペレス会長、ビセンテ・カルデロンのレプリカを貰い受ける

【La liga】第11節 vsレガネス ◯ 2016/11/6(日)20:00

ささーっと受け手に親切な回転で滑っていくアウトサイドパス。やっぱり。渋い。モドリッチが休養充分で帰ってきました。コンディションも悪くなさそうです。奥寺さんの解説によれば、レガネスのちょっと格下サッカーに集中できていないレアル、という構図。マルセロのターンがキレキレでした。モラタの、体開いてニアに決めたシュート。こないだもあったし、何試合か前にベンゼマもやってた。一番自然。

今季無敗を維持したロス・ブランコスはベイルの2ゴールとモラタの1ゴールでレガネスに勝利

・負傷明けのモドリッチが後半途中から出場
・モラタ:「難しい試合だったけど、僕たちは自分たちの特徴を示した」
・カルバハル:「僕たちは試合に勝利し首位をキープするという自分たちの仕事をやり遂げた」

【CL】GL第4節 vsレギア・ワルシャワ △ 2016/11/3(水)

ベイル、ベンゼマ、コバチッチが、グループ首位通過がまだ自分たちの手中にあるロス・ブランコスのゴールを記録

・レアル・マドリード史上のCL最速ゴールとなったベイルのスーパーボレー
・ジダン: 「0−2になったあと激しさがなくなり、失点を許したことで別の試合になった」
・無観客試合

【La liga】第10節 vsアラベス ○ 2016/10/29(土)

終わってみれば、C・ロナウドのハットトリック。3点目はさすが。ただし、試合を決めたのは、マドリー寄りの審判の笛だったと思う。ボールの落下位置と無関係だったのに、CKでロナウドが引っ張られたことがファウル。この早めのPK同点で流れが来た。これがなかったら、出足鋭いアラベスの時間帯はもう少し続いてたかも。
レアル全般、重たげな立ち上がり。だが、先制点とられたきっかけとなったダニーロの切り返し。厳しい声が飛んでもおかしくない。コバチッチは先週に引き続き賛辞に値。モラタ、素敵ゴールだったし、何よりプレーに気合入ってていいね!

-Uncategorized

×