オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

原因はLED?レーシック? 卓球水谷隼「実は見えてない」と告白


この記事は私がまとめました

瞬発系の競技で致命的な視力低下の原因は?

nyokikeさん

▼Tリーグで優勝するなど男子卓球界のエースとして君臨する水谷隼選手

卓球のTリーグは24日、発足初年度のレギュラーシーズン最終戦を行い、男子の首位東京が3位彩たまを4-0で下した。

水谷は2016年リオ五輪のシングルスで銅メダルを獲得、今年1月(2019年)の全日本選手権では10度目の優勝。東京五輪には3枠ある代表入りが期待されており、来月(2019年4月)には世界選手権が控えている。

2勝を挙げた水谷隼(29)はTリーグでは初めてサングラスを着用。スポンサー広告の表示や盛り上げ効果のため、コートサイドに設置されているLEDビジョンの影響でボールが見えなくなるのを防止した。昨今、ショーアップされる卓球競技。来年の東京オリンピック(五輪)でも課題となる。

▼このサングラス姿、実は視力低下によるものでした

自分の目の症状について「日常生活に支障はない。でも “特定の条件”になった時に球がまったく見えない。つまり、卓球台の周囲が暗くて、台にだけ白い光が当たっている。そして周囲が電光掲示板で囲われている場合、ほとんど球は見えていません」と明かす。

水谷の視界に相手はどんな風に写っているのか。「まず相手がボールを構える。その時に(掲示板と)かぶって、フッっと球が“消える”んです。その後、打球の音だけが聞こえる。ボールはネットを越えたあたりから突然現れる。この1年の僕のプレーを見てもらってもいい。まったく逆をつかれて驚いていたり、ラケットの角に当たって返球してる場面が本当に多いんです」。

普段冷静な水谷が悔しさをにじませる。「正直現役引退も考えていました。卓球やっていても悲しいんですよ」。

・電光掲示板が卓球の試合に導入された頃、落ちた視力回復のためにレーシック手術を受けた

水谷が視力に悩み始めたのは5年前のことだ。もともと水谷の視力は両目ともに1.5ほどあったにもかかわらず「当時、なぜか左目だけ急に0.3くらいまで落ちて近視と乱視のような状態になった」と明かす。

「ちょうどその頃から電光掲示板が卓球の試合に導入され始めて、なんか気になるなぁ…って思い始めました。それで左だけレーシックをしたんです」。視力を元に戻してからの5年間は“黄金期”を迎えた。

ロシアリーグの活躍にリオ五輪で初のメダルを獲得、2017年には世界ランキング4位と過去最高につけた。

だが、2018年1月頃、水谷の視界に再び異変が訪れる。ボールが見えにくくなっていたため、検査をしたところ、右目の視力が落ちていた。「ほんの少し右目に乱視と近視がありました。本来は手術する必要性は全くなかったのですが、少しでも良くなればと思いレーシックをしたけど改善できなかった」。

この1年の調子について水谷は「正直、今の自分は全盛期の3割くらい」とまで言い切る。だが、悩んでばかりもいられない。苦肉の策として選んだのがサングラスの着用だった。「サングラスをつけると少しマシですね。5割くらいの力はなんとか出せるようになった」。

「全日本の決勝は相手が大島(祐哉)だったから自分が主導権握って、フォアでゆっくりラリーを展開できた。こういう試合だとコースも回転も予測できる。それでもだいぶ“勘”でしたけどね(笑)。優勝できて自分が一番驚いたくらいで。かたや、トップ12のときの決勝・張本戦は全然だめだった。あれは自分の卓球史でワースト3に残るレベル。張本みたいに台の前にはりついてガンガン打ち込まれるような相手になると途端に見えない」。

アスリートの何が1番辛いかって負けた後は真実を語っても言い訳と捉えられてしまうこと。 結局それが嫌で事実とは違う意思の無い文章を言うだけになる…6年前に全日本で負けてレーシックしたけど誰にも言えずにここまできたのもそういうことだよね(;_;)

▼問題は卓球の会場設計?LEDを多用した演出にこんな声も

先月(2019年2月)のTリーグの試合でもサングラスをかけてのぞみ、「LED広告の白い文字とボールが重なって見えづらくなっていた」と話していたが、目の異常を抱えていたわけだ。

水谷は「白いボールの後ろにLEDの白い字があると一瞬、ボールが消える」と問題視してきた。LEDの広告バナーがなかった五輪でも「ライトアップによる卓球台からの反射がすごい。選手にとって難しい試合環境」と懸念がある。

今年の全日本選手権で2年連続3冠を達成した伊藤美誠に話をぶつけたところ「確かに台の真上にライトがあったり、正面に照明があると見えにくくなることがあって、その場合はITTF(国際卓球連盟)に指摘する。あと、目線の先にライトが来ないようにお願いしている。コートの後ろのLED広告はラリー中に変わらなければ大丈夫。ただ白はやめて欲しい」と語るが「球が消える」ほどではなさそうだ。

▼レーシックってどんな手術?

レーシックとは、眼の表面にある角膜をエキシマレーザーで削り、角膜の形状を変えることによって近視・遠視・乱視を矯正する屈折矯正手術です。

-Uncategorized

×