オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

偉大な baseballprayer イチローの野球人生!


この記事は私がまとめました

誰もが知っているイチロー選手を調べてみました

イチロー 偉大な野球選手でありBaseball Player

日米通算4367安打を記録した
日本人野球選手イチロー
引退を発表した彼の野球人生を
振り返ってみました。

イチロー(本名:鈴木 一朗〈すずき いちろう〉、1973年10月22日[3] - )は、愛知県西春日井郡豊山町出身[1][2] の元プロ野球選手(外野手)。右投左打。血液型はB型[5]。
MLBシーズン最多安打記録保持者(262安打)であり[6][7]、プロ野球における通算安打世界記録保持者(NPB/MLB通算4257安打でギネス世界記録に認定[7])、最多試合出場記録保持者(NPB/MLB通算3563試合出場)[8] である。

イチローの凄さ その1

とにかく打ちまくる

日米通算安打数 4367安打は
あのギネス世界記録にも認定されています!

3打数5安打は当たり前、3打数8安打も
先頭打者満塁ホームランを頻発
イチローにとってのホームランは内野安打の打ちそこない
先頭打者サイクルヒットも日常茶飯
9回裏100点差、チームメイト全員負傷の状況から1人で逆転
ワンバウンドも余裕でヒット
一回のスイングでバットが三本に見える
バントでホームランが特技
打席に立つだけで相手投手が泣いて謝った、心臓発作を起こす投手も
ホームランでも納得いかなければサードベース踏まないで帰ってきてた
あまりに打ちすぎるから牽制球でもストライク扱い
その牽制球もヒット
ピッチャーを一睨みしただけでボールが二遊間に飛んでいく
試合の無い移動日でも2安打
内野ランニングホームランなんてザラ、2周することも
一塁でアウトになってからベンチに帰る方が早かった
ウェイティングサークルでヒット打った

https://dic.nicovideo.jp/a/全盛期のイチロー伝説ネタが使われている記事の一覧

凄すぎてこんなコピペも
しかもこれ、作り話じゃないですからね

えっ?何かおかしな事言ってます?

イチローの凄さ その2

とにかく取りまくる

投げまくる

NPBではゴールデングラブ賞を1994年から2000年まで7年連続、メジャーではゴールドグラブ賞を2001年から2010年まで10年連続、NPB/MLB通算で17年連続で受賞している。広範囲な守備と強肩のため、イチローの守備範囲に納まる打球は三塁打が二塁打になったり、犠牲フライが併殺外野フライになったりする。イチローの守備する右翼は、その背番号と守備範囲の広さから、機密性が高く警備が非常に厳重であるネバダ州の米軍軍事施設(一時期、宇宙人やUFOの研究をしているとも噂されていた)に掛けて、「エリア51」と呼ばれている。

https://ja.wikipedia.org/wiki/イチロー#守備

イチローの代名詞 『レーザービーム』

強肩で知られ、2006年に行われたメジャーリーガー415人による投票「最も肩が強い外野手」で48%の得票率を占め1位となった[164][注 14]。1998年に行われたオールスターゲームの遠投競争では、ナゴヤドームのセンターフェンス手前からバックネット近くの城島健司まで推定130mの遠投を披露している。強肩であることに加えて送球のコントロールも良いため、ブラディミール・ゲレーロの送球が「バズーカ」などと呼ばれていたのに対してイチローの送球は「レーザービーム」と称されている。これは2001年4月11日の対オークランド・アスレチックス戦で、ライト前ヒットで三進を試みた一塁走者のテレンス・ロングを正確かつ力強い送球で三塁に補殺した際、実況アナウンサーであったリック・リズが「びっくりだ!レーザービームがイチローから撃ち込まれた!」と叫んだことが由縁。

https://ja.wikipedia.org/wiki/イチロー#守備

日本人として忘れられない WBC決勝戦 での
伝説のタイムリーヒット
この場面でやってのけるイチロー。
凄すぎる

当時は叫びました。
今見ても興奮します。
ヒットの瞬間は 動画 5分50秒あたりから!

天才は小学生時代から一味違う

小学校時代は地元の少年野球チーム・豊山町スポーツ少年団に所属。エースで4番として活躍し、6年生の時には全国大会に出場した。小学3年生の頃から、学校から帰宅後に近くの公園で父親と野球の練習をした。学年が上がるにつれて、それだけでは満足できなくなり、町内にある空港バッティングセンターにほぼ毎日通い詰めていた。3年生の時には速度100キロの球を打っていたという[12]。バッティングセンターに通いつめるあまり、普通の球速では満足できなくなり、イチロー用のスプリングを作って、行く前に電話していた[要出典]。同センターにはイチロー専用8番打席が現在もある。なお、同時期に年齢が一つ上の稲葉篤紀も同じバッティングセンターに通っていた。稲葉は「隣で同い年くらいの奴がめっちゃ速いボールを簡単に遠くまで飛ばしていた」と話している。
豊山町立豊山中学校では小学生時代の仲間と共に学校の野球部に所属。エースで中軸(主に3番)を打ち、中学3年の時に全日本少年軟式野球大会に出場し3位入賞を果たす。

2019年3月21日、開幕シリーズとなる東京ドームで行われたアスレチックス戦2試合に出場後、現役引退を発表[135][136]。現役最終打席は8回表遊ゴロであった。試合終了後には東京ドームを一周したが、その際には試合を最後まで観戦した多くのファンが球場に残りイチローの現役選手としての最後の姿を見届けた。

最後の質問 いいなあ

笑顔であっさり終わる所もイチローの格好良さを感じます。

引退会見をフルで見たのは初めてだ 笑

-Uncategorized

×