オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【そだねー】カーリング銅メダル 藤澤 五月 画像 プロフ まとめ【おやつタイム】


この記事は私がまとめました

平昌五輪で藤澤ファンになった方、たくさんおられると思います。藤森五月の魅力が分かるまとめを作ってみました。

ASKA.netさん

プロフィール

藤澤 五月(ふじさわ さつき、1991年(平成3年)5月24日 - )は、日本のカーリング選手。ロコ・ソラーレ所属。2018年平昌オリンピック銅メダリスト。愛称は、「さっちゃん」

1991年5月24日、北海道北見市出身。5歳からカーリングを始め、北見市立北中学校から北海道北見北斗高等学校2年生まで地元のチーム「ステイゴールドII」でプレー。また2008年と2009年には日本ジュニアカーリング選手権で「チーム北見(ステイゴールドII)」を率いて優勝した経歴もある[3]。また、パシフィックジュニアカーリング選手権でも日本ジュニア代表として2大会連続優勝し、世界ジュニアカーリング選手権にも出場した。

高等学校卒業と共に故郷を離れ、長野県の中部電力に就職。佐久営業所に職員として勤務する傍ら早稲田大学人間科学部eスクールで学び卒業、同社に結成されたカーリング部の創成メンバーとなる。以後は2010年の中部カーリング選手権優勝を皮切りとしてチーム力を着実に伸ばし、2011年の日本カーリング選手権で初優勝し、同年のパシフィックカーリング選手権に日本代表として出場した。ソチオリンピック出場をかけた2013年9月の世界最終予選日本代表決定戦では、小笠原歩を擁する北海道銀行に敗れ出場を逃した。

2015年4月に中部電力を退社し、本橋麻里に誘われ故郷の北見市を拠点とするロコ・ソラーレに移籍した[4]。北見市にある保険代理店株式会社コンサルトジャパンに所属し[5]、事務として勤務しながらトレーニングを行っている。2016年世界女子カーリング選手権大会で準優勝を果たし、2017年9月の平昌オリンピック代表決定戦では古巣・中部電力を破り初の五輪出場を決めた。

2018年2月、平昌オリンピックに出場して日本は予選を4位で突破。準決勝で韓国に敗れるも3位決定戦でイギリスを制し、オリンピックで日本のカーリング史上初のメダルとなる銅メダルを獲得した[6]

勤務先 コンサルトジャパン(北見市)

人物像

両親、兄、姉も含め一家5人全員がカーリング選手である。両親は2016年に北海道ミックスダブルス選手権で大学生などを相手に3位になり全国大会にも出場したほどの実力で、全国大会で2位までに入れば平昌オリンピック出場の可能性もあったという[7]。
藤澤自身が「ハウス(円)の中に、石がたくさん入る展開が得意」と語るように、ハイリスク・ハイリターンを狙う、攻撃型の選手といわれる[3]。
好きな言葉は、「世の中に失敗はない。チャレンジしているうちは失敗はない。諦めた時が失敗である。」[8]。

平昌オリンピックの予選で韓国と対戦した際、韓国のインターネット上で「女優のパク・ボヨンに似ている」と話題になった[9]。韓国国内での検索ワードで上位を記録するなど、国内外で大きな話題を呼んだ[10]。準決勝で再び韓国と対戦することが決まった際、韓国のスキップである金恩貞と比較をするメディアが多数現れ、一部メディアは「美女スキップ対決」と報じたが、藤澤は「きれいさでは負けるがショットで頑張りたい」とかわした[11]。結果は7-8で日本代表が敗れ決勝進出を逃した[12]が、翌日の3位決定戦でイギリスに勝利を収め、銅メダルを獲得した。
趣味は500円貯金[13]。

所属チーム ロコ・ソラーレ

藤澤五月のニュース

-Uncategorized

×