オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

久保建英選手がJリーグ最年少出場!! 「和製メッシ」のここがすごい!


・久保建英選手がJ3の試合に途中出場。

5日に行われた明治安田生命J3リーグ第28節、FC東京U-23対AC長野パルセイロで久保建英が途中出場。最年少出場記録を更新した。

東京のユースに所属する中学生のMF久保建英が、J最年少デビューを果たした。

FC東京U-23と長野パルセイロの試合に、久保建英選手が後半に途中出場し、Jリーグ最年少出場を達成しました。

これまでのJリーグで史上最年少出場を果たしたのは、当時J1の東京ヴェルディに所属していた森本貴幸(現・川崎フロンターレ)が樹立した15歳10ヶ月6日。

日本サッカー界の未来を背負う選手を一目見ようと、長野戦の舞台となる駒沢競技場は記録的なチケット売り上げとなっている。

J1の最年少出場記録は当時の東京ヴェルディに所属していた森本貴幸選手が記録しています。久保選手が塗り変える可能性があります。

・J1出場も期待がかかる!

サッカーJ1東京のU-18(18歳以下)に所属するFW久保建英(たけふさ、15)が、トップチームに選手登録されることが12日、分かった。

久保建英(15)が、所属するJ1のF東京でトップチームの公式戦に出場できる2種登録されることが13日分かった。

今シーズン中にJ3所属のFC東京U-23の試合に出しても十分通用するだろうし、来季にトップチームでJ1デビューさせても、決して早すぎではない

久保建英選手は現在15歳ですが、トップチームの試合に出場できる2種登録を済ませており、J1デビューが間近となっています。

・バルサ下部組織でプレー経験を持つ。

久保建英選手は川崎フロンターレの下部組織からバルセロナの下部組織に入団し、その後、得点王にも輝きました。

FIFAから処分を受け、久保も18歳まで公式戦に出場できない可能性があったため、13歳で退団を強いられFC東京入りしていた。

久保建英選手は、バルセロナがFIFAから受けた制裁の影響で18歳までプレーすることができない可能性が高くなったため、FC東京の下部組織に加入しました。

・卓越した技術を持ちます!!

-Uncategorized

×