オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【夢を追う人必見!】本田圭佑選手から学ぶ成功法則


この記事は私がまとめました

Requiredさん

不屈の男 本田圭佑とは

本田 圭佑
生年月日:1986年6月13日 (32歳)
出身地:摂津市
身長/体重:182 cm / 74 kg
大阪府摂津市出身のプロサッカー選手。
サッカー指導者。サッカー経営者。
Aリーグ・メルボルン・ビクトリーFC所属。
ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。
元日本代表。カンボジア代表監督兼GM。

子供時代の家庭環境

両親と兄の4人家族。

両親は本田が小学2年生の春に離婚、
自身は父のほうについたが
父は仕事で忙しかったこともあり、
祖父母に育てられたそうです。

父親や祖父はとても厳しく、
当人の試合観戦をしても、”甘い”と言っていたそうです。

小学生時代の作文

小学校 高学年の時に、
書いた作文があります。

ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ゴウをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

小学生時代の夢を叶えている人がどれほどいるでしょうか。
多分ほとんどの人が達成出来なかったか忘れていると思います。

高校進学時での挫折

中学では部活動に所属はせず、
生まれ育った地元のガンバ大阪の
ジュニアユースのチームへ入団しました。

しかし、スピード不足が欠点となり、
高校進学時、ユースへの昇格が
認められませんでした。

そのため、星陵高校へ入学し、部活動として
サッカーをスタートています。

ぶれそうな時は小学生の時に立てた夢に頼り、
すがっていたそうです!

【格言・名言】
何でもスムーズに上に行くことはないと思うし、

一度や二度の挫折は誰にでもある。

一番重要なのは、

その挫折から立ち直れるか、

立ち直れないかだと思う。
        
- 本田圭佑 -

プロサッカー選手へ!!

2005年 - 2007年 名古屋グランパスエイト
2008年 - 2009年 VVVフェンロー
2010年 - 2013年 PFC CSKAモスクワ
2014年 - 2017年 ACミラン
2017年 - 2018年 CFパチューカ
2018年 - メルボルン・ビクトリーFC

プロとなり、ユース時代で才能の違いがあった、
家長 昭博選手(現在川崎フロンターレ所属)や
安田 理大選手(現在アルビレックス新潟所属)と差をつけています。

人生観から見て学べること

自分を認めれば、
何をすれば良いのかが見えてきます。

ただ、認めることは難しい事だと思います。
少しずつでいいと思うので、試してみて下さい。

自分と向き合う時間を作ると良いと思います!
わたしは1週間に1回は必ず行うようにしています。

何かを成し遂げている人は大きな夢を抱いてます。
いまからでも遅くはありません。

資金や期間などを無制限にしてやると、
大きな夢になるはずです。
ノートに書きだして見ましょう!

「~なりたい・~したい」だと弱いので、
「~なる・~する」と宣言してみるといいと思います。

目標が高すぎる場合、
何から始めればいいのか分からなくなる
可能性があります。

細分化する等して明確にして下さい。
※例えが下記にあります

例:旅行に行きたい=場 所:○○に行く
          予 算:○○万円必要
          ゴール:○年○月までに行く
          ※月毎の目標を立てると目指しやすい

自分の夢を立てたら、毎日そのことを考えて
生活してみて下さい。

夢を忘れてしまうと無回転シュートと同じで
ブレてしまいます。

今日から何か始めれば明日が変わります。
人生を変えたいなら、小さなことから始めましょう。

生きていれば必ず辛いことに出会います。

しかし、諦めてしまえば、
そこですべてが終わってしまいます。

本田選手は、
1番大切なことだと言ってます。

決めるのは自分です。
諦めずに挑戦し続けてください。

失敗は誰でもすることです。
失敗すれば、他人から非難を浴びることでしょう。
ですが、自分が味方になってやれば大丈夫です。
「だいじょうぶ、たいしたことない」と思い、挑戦しましょう。

モチベーションを高めたいなら・・

-Uncategorized

×