オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

最年少国民栄誉賞決定!羽生結弦「被災地の方々の明るい光」 憧れの人から祝福のメッセージ


この記事は私がまとめました

mizuki36

mizuki36さん

羽生結弦(23) 【国民栄誉賞】授与決定

~個人では史上最年少

2018年6月1日、ソチ・平昌オリンピックと2大会連続の金メダルを獲得した羽生選手に【国民栄誉賞】が贈られることが決定した。

現在23歳の羽生選手、個人としては史上最年少での受賞となる。

2018年2月 平昌オリンピック

66年ぶりの2大会金メダル

羽生選手は右足首のケガからの復帰戦となった平昌オリンピック・フィギュアスケート男子シングルで、66年ぶりのオリンピック2連覇を成し遂げた。

受賞決定を受けて 羽生結弦選 コメント

名誉ある賞をいただき身に余る光栄です。

被災された方々からのたくさんの激励や想い。

今まで一人の人間として育ててくださったすべての方々の想いが、この身に詰まっていることを改めて実感し、その想いが授与されたと思っております。

この賞が被災地やスケート界にとって、明るい光になることを願っております。

宮城県仙台市出身の羽生選手

羽生選手は4歳からフィギュアスケートを始めた。

2010年世界ジュニア選手権 優勝

シニア大会へ

シニア大会へ本格的に出場し始めた矢先…。

2011年3月11日 東日本大震災が発生

羽生選手がスケートの練習などで使っていた『アイスリンク仙台』が被災に。

4月 仙台市 祝賀パレード

-Uncategorized

×