オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

苦戦する韓国代表のチーム事情が日本以上にボロボロな件


■苦しい状況が続いている日本代表

サッカー日本代表 昨日のオーストラリア戦 勝ちが勿論望ましかったが 結果勝ち点1 結果としては アウェーで勝ち点とって帰ってきたから良しとしたいが いかんせん内容が最悪 ここ数十年の中でも最もつまらないサッカーしてる 且つ 結果も出てない

過去の日本代表のゴール見てたら、ブラジル、ドイツ、イングランド、フランス、アルゼンチン、オランダ
世界の強豪相手に点取ってるし、いい試合もしてる
やっぱり比較してしまうよね
最近の日本代表に対していいイメージないから余計に

何だか最近の日本代表サッカーの試合ストレスが溜まるわ~
次はスッキリ勝とう❗

■そんな日本代表の”永遠のライバル”と言えば…

2002年のワールドカップではベスト4に入り、近年の国際大会でも日本と同等の成績を収め、ヨーロッパで活躍する選手も少なくない。

日本代表にとって最大のライバルといえば、やはり韓国代表だろう。

■ところが今、日本代表と同じく苦しんでいるみたい

韓国は11日、イラン・テヘランで行われたイランとのW杯アジア最終予選A組第4戦で0-1と敗戦。

格下であるシリアに0-0と引き分けるなど、イラン(勝ち点10)、ウズベキスタン(同9)に次いで3位となっている。

チームは”空中分解”寸前?

事の発端は、ウリ・シュティーリケ監督のこの発言

イラン戦後の会見で、「後半からキム・シヌク(196センチ)を投入し、カタールのようなロングボールから攻撃機会を狙った」

「しかし我々には(カタール代表FW)セバスチャン・ソリアのようなFWがいない」と敗戦の責任を選手に転嫁。

これを聞いた選手、ファン、メディアの怒りは爆発

同監督の戦術には、以前から「単調だ」と指摘する声も多かったが、この発言をきっかけに多くのファンやメディアから批判の声が。

FWのソン・フンミンは「(外国の)選手の名前を挙げてまで、選手の士気を落としたのは残念」

主将のキ・ソンヨンは「外国人監督だから自分たちとは考え方がちょっと違う」と、際どい発言でいら立ちをあらわに。

これらの批判に監督は反論

韓国代表では、過去12年で10人の監督が交代し、平均1年3カ月前後の任期だと指摘。

「私は明日にでも出ていけばそれで終わりだが、(監督交代が)何を得ることができるかどうかを考えてみてほしい」。

この発言がさらに批判を呼んでいる状況…チームが実質的に崩壊しているとしか言いようがない

-Uncategorized

×