オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

日馬富士‥‥貴ノ岩に直接謝罪へ 慰謝料も数百万準備


この記事は私がまとめました

大相撲秋巡業中に起きた暴行事件

Doragonflyさん

昨年10月の大相撲秋巡業中に起きた暴行事件で、加害者の元横綱日馬富士(34)が、被害者の前頭貴ノ岩(28=千賀ノ浦)に直接謝罪し、慰謝料や治療費など数百万円を支払う計画であることが10月31日、分かった。

前日10月30日に、貴ノ岩が母国モンゴルでの家族へのバッシングなどを理由に、約2400万円を請求する訴訟を取り下げ。

前日10月30日に、貴ノ岩が母国モンゴルでの家族へのバッシングなどを理由に、約2400万円を請求する訴訟を取り下げ。

これを受けて元日馬富士側代理人のある弁護士は「一般的に貴ノ岩関と相手方弁護士との契約は切れるので、今後は本人を窓口に接触するしかない。

@Jimminluv @tamaro1969213 有名弁護士事務所ですから顧問料も高いでしょう。日馬富士への請求額の根拠には弁護士報酬2百万円強だったようですが、貴ノ岩から成功報酬として貰う報酬とは別。それがパーになって、佐藤年二弁護士涙目でした。せめて正義の味方面しないと割に合わない事情には同情します。

@Ichiro_SUMO 二人とも可哀想すぎる。
貴ノ岩は事実をしっかり把握出来ないまま代理人と元貴乃花親方の感情で進んでいたのでしょうね..やっと二人が歩み寄る事が出来 良かったです。
日馬富士への代償は大きすぎたけど

@katsuyatakasu @YahooNewsTopics もう遅いわ!
もうお金の問題ではない事に気がつけ!
謝罪の気持ちがあるなら
とっくの昔にしてるはずやろ?
先に翌日謝らされたん貴ノ岩やんか…
それが貴乃花にバレたんやろ?
今の今までしれーっとしとったやん!!
断髪式までやって!
謝る気持ちがあったらこんな流れ違うわ!

もう金の問題違う

貴ノ岩はその理由について、

「母国であるモンゴルでは私に対する想像を超える強烈なバッシングが始まり、私の家族もモンゴルで非常につらい目に遭うことになりました。実際に家族から何度も耐えられないとの連絡があり、もう裁判をやめてくれとの要請がありました」

ある親方は「彼の家族のことは知らないが……」と、こう続ける。

「角界では同郷のモンゴル勢からバッシングされていましたからね。包囲網というか、村八分みたいなものです。友綱親方(元関脇旭天鵬)も貴ノ岩叩きに回っていた。これまでは貴乃花(46)が後ろ盾となってかばっていたが、さっさと協会を退職してしまった。貴ノ岩だって、本人の考えだけで損害賠償請求をしたとは思えない。モンゴル勢の中で孤立するだけですからね。それが元師匠の退職によってハシゴを外されてしまった。これ以上、1人で戦えというのは無理ですよ」

現師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は、貴乃花から一方的に弟子を押し付けられたようなもの。その中の1人が「元横綱に損害賠償請求」という厄介ごとを抱えているのではたまらない。

29日には貴ノ岩の訴訟について、「どうしても考えてしまって相撲に集中できない。すぱっと早く」と、早期解決を望んでいた。そんな現親方への配慮も損害賠償請求の取り下げにつながったのかもしれない。

これで一件落着というわけにはいかない。関取1人の千賀ノ浦部屋に関取3人の貴乃花部屋が合流したことで、波紋が生じるという。

「貴乃花部屋は力士が8人と、関取3人に対する付け人が少ない。そこへいくと、千賀ノ浦部屋は力士8人で、関取は1人しかいません。11月場所からはもともと千賀ノ浦部屋にいた力士たちも、貴乃花部屋からの関取3人の付け人をやらざるを得ない。つまり、貴公俊の付け人のように、血だらけにされないとも限らないわけです。かつて貴乃花部屋に所属していた貴斗志が協会を相手取った訴訟では、親方が弟子を殴ったり、弟子同士でも暴力行為があったとの証言があった。千賀ノ浦部屋の若い力士たちの行く末をいまから心配する親方も中にはいます」

弟子の貴ノ岩から報告を受けた千賀ノ浦親方(元小結・隆三杉)は「本当に良かった」と安どした

提訴が明らかになったのは、旧貴乃花部屋から移籍した直後で、この問題を引き継いでいなかったとこともあり、報道が出た当初は「全然聞いていない」と目を白黒させた。その後、事情を把握すると弟子を心配して早期解決を望んでいた。

貴ノ岩を含む旧貴乃花部屋の力士らを受け入れ、九州場所(11月11日初日、福岡国際センター)に臨む稽古初日に朗報が届いた。

望ましい形で“新生”千賀ノ浦部屋を迎えることができ、「早く解決してくれて良かったです。これで(貴ノ岩も)相撲に集中できますから」と心から喜んだ。

貴乃花は29日にバラエティー番組に出演。

お笑い芸人にいじられて満更でもない笑顔を見せつつ、「今後はちびっこ相撲にかかわっていきたい」と話していた。その前に自身が協会に残した「負の遺産」の不始末を、と言いたいところだが、馬の耳に念仏か。

元日馬富士は誠実な対応を求めているので、会って謝罪し、誠実に慰謝料等を支払いたいと考えています」と明かした。

貴ノ岩が提訴した際に、元日馬富士側が解決のために提示したのは50万円だった。

だが、元日馬富士に近い別の関係者は「本人は数百万円を渡したいと考えている」と明かした。

訴訟取り下げを受けた、元日馬富士側代理人が発表した文書では「貴ノ岩関は、自身の代理人から正しい事実経過を知らされていないと感じざるを得ません」と記されていた。

貴ノ岩の代理人は、元貴乃花親方と同じ弁護士事務所。

双方に近い関係者は「当人同士は和解している。あとは元日馬富士が誠意を示したいと考えているだけ。

代理人が間に入るより良いのでは」と話した。

訴訟取り下げの際のさまざまな主張の食い違い発覚から一転、円満解決に歩み始めていたことが判明した。

-Uncategorized

×