オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

注目選手は誰?!…ドラフト会議までに抑えたい各球団の動向


この記事は私がまとめました

・ドラフト会議が午後5時から開催される

明日はドラフトだ!どんな若鷲が誕生するのか楽しみで仕事どころじゃないですよね pic.twitter.com/n5Nn7BpK8l

指名はプロ志望届を提出した高校生123人、大学生128人と社会人選手らが対象。

今年は、8月に行われた夏の甲子園の盛り上がりで、野球ファンに限らず、一般的にも知名度の高い選手たちが、主役となりそう

注目の選手たちをどの球団が何位で指名するのか、選手本人はもちろんのこと、プロ野球ファンにとってもハラハラ、ドキドキの瞬間となるはず

▼会議前に押さえておきたい注目選手

・高校生目玉は春夏の甲子園大会を連覇した大阪桐蔭の根尾昂

【公表】ヤクルトが大阪桐蔭・根尾昂のドラフト1位指名へ
news.livedoor.com/article/detail…

23日、球団事務所でスカウト会議を開き、根尾昂内野手を25日のドラフト会議で1位指名することを決め、公表した。 pic.twitter.com/opfDhgpPnH

春夏連覇を達成したことしの甲子園大会では、強打の遊撃手だけでなく投手としても活躍。18歳以下によるU18アジア選手権では、外野手をこなした。

早くも大阪桐蔭・根尾昂内野手には巨人、ヤクルト、中日のセ・リーグ3球団が1位指名を公表。

根尾昂内野手は24日、大阪府大東市の同校で「光栄なことなのでうれしい。ワクワクしている」と心境を語った。

#ドラフト会議 ロッテは本日、大阪桐蔭・藤原恭大をドラフト1位指名すると公表した。井口資仁監督は「大阪桐蔭の藤原君を1位で行かせてもらうことになりました。走攻守3拍子そろった選手。将来のマリーンズを背負ってほしい。」 pic.twitter.com/AxtOGrXyKb

根尾とチームメートで夏の甲子園大会で3本塁打を放った藤原恭大外野手はロッテが指名することを公表した。

井口資仁監督(43)は「大阪桐蔭の藤原君を1位で行かせてもらうことになりました。走攻守3拍子そろった選手。将来のマリーンズを背負ってほしい」と説明した。

【公表】オリックスとソフトバンクが報徳学園・小園海斗を1位指名へ
news.livedoor.com/article/detail…

くじを引く予定のオリックス・西村新監督は「選手の大事な一生がかかっているので、自信を持って引く」と語った。 pic.twitter.com/LrV1zrTgdt

遊撃の守備の評価が高い小園海斗内野手(兵庫・報徳学園高)はソフトバンクとオリックスの2球団が1位で指名する方針を明らかにし、広島も指名する可能性が高い。

王会長は「とにかく今年は小園選手でいくということ」と表明。スカウト陣が小園の運動能力や、肩の強さも含めた守備力、打力を高く評価したという。

ソフトバンクは一塁手の内川が36歳、三塁手の松田宣が35歳など、内野の中心選手にベテランが多い。

・大学生は東洋大150キロトリオ中心

10/23 明治神宮球場

清水 昇
甲斐野 央
上茶谷 大河
中村 稔弥

2018年ドラフト候補選手 pic.twitter.com/XOzMzvw4wi

今年の注目は、何と言っても東洋大の150キロトリオ、梅津晃大、甲斐野央、上茶谷大河の3投手

1試合20奪三振でリーグ記録を塗り替えた上茶谷大河、187センチの大型右腕、梅津晃大

この超ハイレベルな3人の中でスカウトが一押しするのが梅津。「大物になる予感がある。20勝できる」と苑田スカウトが言えば、後関スカウトも「大学生で一番ポテンシャルがある。持っているものはかなりのもの」と目をハートにする。

本格派の松本航、東妻勇輔(ともに日体大)も高評価。清水昇(国学院大)は多彩な変化球と安定感のある投球が魅力

・社会人は本格派の生田目翼、齋藤友貴哉が有力

20181014 OP戦 HONDA鈴鹿対日本通運
生田目 翼(水戸工高-流通経済大)
弟さんの大学も、後輩達の大学もリーグ優勝しましたね! pic.twitter.com/JyZfVLoHZs

スピードでの筆頭格は生田目になるだろう。好調時には150キロを超えることも珍しくなく、球威で圧倒するピッチングを見せる。

昨年は大学時代の故障もあって短いイニングの投球だったが、今年は先発でもしっかり結果を残しており、大車輪の活躍が期待される。

-Uncategorized

×