オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

平昌五輪前に高梨沙羅が今季未勝利!美人選手ルンビとアルトハウスがライバル


この記事は私がまとめました

wappameshiさん

高梨沙羅はW杯で自己ワーストの7連敗

平昌五輪の目標は「金メダル」と明言してもいる高梨が7大会連続で優勝を逃している。2季連続でW杯総合優勝を果たした“絶対女王”に一体何が?

1月13、14日に札幌で行われたW杯では3位と2位に終わり、今季開幕から優勝なし。昨季最終戦から7大会連続で優勝を逃しており、これは自己ワーストだ。

1月19日に、山形市のクラレ蔵王シャンツェで個人第7戦が行われたが、高梨の結果は4位だった。
優勝はマレン・ルンビ(ノルウェー)で、自身初の4連勝を飾った。

勝てない原因は?

一番の原因は競技レベルの向上です。以前なら高梨が多少ミスをしても勝てましたが今はそういうわけにはいかない。特にマーレン・ルンビ(ノルウェー)、カタリナ・アルトハウス(ドイツ)の急成長がすごい。この2強で常に優勝を分け合っており、付け入る隙がない。

踏み切りに課題がある高梨は飛び出しが不安定で、全盛時に比べて空中でのスピードも弱々しい。ルンビは力強い踏み切りで、飛び出しが高い。

今季開幕前、高梨は欧州合宿を敢行しましたが、不運にも雨にたたられた。飛べた本数も限られ、まともに練習できなかった。調整不足も影響していると思います。

一般紙五輪担当記者は別の理由をあげている。

後輩の伊藤有希が高梨を追い上げる

21日、山形市のクラレ蔵王シャンツェで個人第8戦があり、伊藤有希が2位、高梨沙羅は3位に入った。

優勝はマーレン・ルンビ(ノルウェー)で今季6勝目。

新女王はマーレン・ルンビ

マーレン・ルンビはノルウェー出身、現在23歳のスキージャンプ選手。

ワールドカップの優勝回数は6回、表彰台獲得数は20となっています。今季は個人総合首位に立ち、オリンピックを目前に控えた段階でかなり良いパフォーマンスを見せています。

アルトハウスも五輪では有力候補

平昌五輪金メダルを目指す沙羅に、強敵が出現した。K・アルトハウス(ドイツ)が優勝。安定した飛躍を2本そろえた沙羅を、飛距離にして約16メートル差でねじ伏せた。W杯開幕戦を制したルンビ(ノルウェー)も堅実に2位。

-Uncategorized

×