オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

33年ぶりの快挙!東大「宮台康平」投手が侍ジャパン大学日本代表に!


侍ジャパン大学日本代表が発表!

第40回日米大学野球選手権大会(7月12日開幕・ハードオフ新潟ほか=報知新聞社後援)の日本代表選考合宿が19日、神奈川・平塚市内で3日間の日程を終えて、代表メンバー24人が発表

全日本大学野球連盟は日米大学選手権の日本代表に東大の投手、宮台康平らを選出した。

33年ぶりの快挙!

東大からは1983年に選出された大越健介投手(54=NHK報道局記者主幹)以来33年ぶり史上2人目となった。

大越健介氏(東大OB。NHK報道局記者主幹)「東大はなかなか勝てない苦しい時期が続いたので、チームが強くなり、日本代表に選ばれる選手が出たことはOBとしてうれしい。

左投手でスピードボールが来るとなると、なかなか打てないと思う。連投があまり利かないタイプと聞いているので、先発の座を勝ち取ってほしい」

監督は宮台選手をエースに指名!

横井人輝監督(54)=東海大=は、“先発4本柱”の一角に指名。

「宮台は球速も含め、米国相手に先発として十分ゲームをつくっていける。野手はパワーと走力を重視した」と説明した。

宮台投手は来月6日から日本代表の直前合宿に参加し、12日から新潟市や東京の神宮球場などで行われる日米大学野球に臨みます。

「宮台康平」選手とは?

1995年7月1日、横浜市生まれ。20歳。戸塚小3年から戸塚ホークスで野球を始め、戸塚中軟式野球部を経て湘南に進学。

来年のドラフト候補の目玉です!

東大1年秋にリーグ戦初登板し、今春は東大投手では8年ぶりのシーズン2勝。通算21試合3勝6敗、防御率2.45。

twitterでも話題に

宮台君大学代表選出。楽しみです。

-Uncategorized

×