オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

一時代の終焉…C・ロナウドがユベントスに電撃移籍!


この記事は私がまとめました

信頼性の高い報道と皆さんのツイートを基に作成しました。

manuronaldさん

■クリスティアーノ・ロナウドがユベントスに電撃移籍!

レアル・マドリードは10日、クリスティアーノ・ロナウドの移籍について、ユベントスとクラブ間合意に至ったと発表した。

複数報道によると、移籍金は1億1200万ユーロ(約146億円)で、推定年俸3000万ユーロ(約39億円)の4年契約。

ロナウドは来週中にもイタリアに渡ってメディカルチェックを受け、正式に移籍が完了する見通し。

■世界最高のクラブで過ごした9年間

2009年、9400万ユーロ(約127億円)という当時の移籍金最高額でマンチェスター・Uからレアル・マドリードへ加入。

移籍初年度からリーグ3位の26得点を記録するなど、すぐさまチームに欠かせない存在に。

チーム、個人で様々なタイトルを獲得した

リーグ優勝2回、欧州CL優勝4回、コパ・デル・レイ優勝2回、クラブワールドカップ優勝3回など、計16個のタイトル獲得に貢献。

個人としても、リーガ得点王3回、CL得点王6回(通算は7回)、バロンドールも4度(通算は5度)受賞。

公式戦438試合出場451得点という数字は、歴代のレジェンドたちを抜いてクラブ史上最多得点記録となった。

■ユベントス移籍を決断した背景

2017-18シーズンのCL優勝後、「クラブと問題を抱えており新契約を断った」と明かして退団を示唆。

複数クラブが獲得に興味を示すなか、レアル側は慰留に努めたものの、最終的には本人の意思を尊重。

複数の選択肢からユベントスを選んだ背景には、ユベントス会長アニェッリの猛烈なアタックがあったと報じられている。

■ロナウドは公式ウェブサイトを通じて「別れの言葉」を発信

「マドリーでの日々、マドリッドの街で過ごした時間は、僕の人生において最も幸せだった。僕に対する全ての愛情に感謝したい」

「人生において新たなステージに進む時間が来たと感じた。みんなに、特にサポーターには、どうか理解してほしい」

「レアルでは要求が高くて厳しかったけれど、僕にとってはエキサイティングな時間だった。素晴らしい9年間だった」

「僕は旅立つ。でもこのユニフォームとエンブレム、サンティアゴ・ベルナベウはいつまでも僕の心にある」

最後は、9年前に入団した時と同様に「アラ・マドリー!(レアル・マドリーに栄光あれ!)」という言葉で締めくくっている。

まさか、本当にC・ロナウドがユヴェントスに来るとは。
正直信じていませんでした。
ただ、先週から色々な情報ソースから移籍情報が一気に出てきたので
ガセネタではなく、ユーヴェは確かに動いているのだろうな、とは感じていましたけれども。

-Uncategorized

×