オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

セレッソ大阪 年間パスポート公式リセールの使い方


この記事は私がまとめました

絶対やったほうがお得!セレッソ大阪のSAKURA PASSPORT(年間チケット)の公式リセールへの登録方法、出品方法をまとめました。

Sportslvさん

セレッソ大阪 StubHub公式リセール 販売方法

年間チケットを買ったけれど、行けない試合がある!そんな時はStubHubでリセールしちゃいましょう。やり方を覚えてしまえば、SAKURA PASSPORTを送る必要もないし、めちゃくちゃ簡単です!

チケットを売るってなんだか転売みたい?? 
ご心配なく!セレッソ大阪の公式リセールなので、安心です!
チームにとっても観客動員数が増えるし、みんながうれしいシステムなのです。

公式リセールを利用する4つのメリット

1.行けない試合は販売できるので、SAKURA PASSPORTがもっと便利!

2.公式リセールチケットなら、お得に観戦できる可能性が!

3.クラブにとっても空席解消につながり大きなメリット!

4、米スポーツ界で実績豊富なStubHubだから安心!MLBも公認!

StubHubはアメリカeBayの子会社で世界50か国以上で運営されているチケットプラットフォーム。

アメリカだとMLBやNFLのチケットも取り扱っているそうで、日本ではFC東京、セレッソ大阪、西武ライオンズ、日本ハムファイターズの公式チケットを取り扱っていて、J-leagueだと、セレッソ大阪とFC東京が公式リセールをやっている会社です。

セレッソ大阪 リセールできる年パスはどれ?

セレッソ大阪の年間チケットで、StubHubで公式リセールが可能なのは、
「SAKURA SOCIO」と「SAKURA PASSPORT」の2種類。

「SAKURA SEAT」はリセールできないので、ご注意!

SAKURA SOCIOとSAKURA PASSPORTの年間チケットがリセールの対象です。

1.StubHubからどの試合を公式リセールするか選択します。

J-leagueチケットの一般販売時期に従って、リセールの登録ができます。
まずはStubHubのセレッソ大阪ページに行って、どの試合をリセールしたいか、選択します。

「試合一覧」というピンクで囲われた箇所から、販売したい試合を選択します。

リセールが可能なのは、チケットの一般発売日からになります。

一般発売日がいつなのかは、セレッソ公式ウェブサイトの「発売日一覧」から確認できますよ。

2.「チケットを売る」ボタンをクリックします。

PCからの場合、「チケットを売る」ボタンは右上にあります。

スマートフォンからの場合は、左上の三本線をクリックすると、「チケットを売る」が出てきます。

3.StubHub リセール登録画面からチケットの詳細を入力します。

「チケットを売る」をクリックすると、StubHubでチケットを公式リセールする際に必要なチケット詳細入力画面に遷移します。

すでにチケットタイプなどが入っているので、選択していくだけで、登録ができて、とても簡単です!

チケットの詳細の入力も簡単。

1)形式で「会員カード」を選択します。
2)ロケーションでチケットタイプを選択します。
  ●自分の持っている年間チケットの席種(チケットタイプ)を選択します。
  ●そのすぐ下にSAKURA PASSPORTという項目があるので、同じく自分の持っている年間パスの区分(大人、シルバー、高校生、中高生)を選択します。
3)チケット発送の準備は「いいえ」を選択します。
(試合間近になると、チケット発送の準備について選択ができなくなるそうです。その場合は、この項目の選択は不要だそうですよ。)

チケットの詳細をすべて入力したら、「続ける」をクリックします。

ちなみに出品は試合の3営業日前まで可能なようです!
J-leagueのチケットと同じく2営業日前で販売終了みたいです。

3.いくらで販売するか、出品価格を設定します。

チケットの販売価格の上限は、前売価格だそうですが、小中学生のホームサポーター自由席が500円前後など、びっくりするくらい安く出品されていたりします。

売りたい!と思ったら、他の人がどのくらいの価格で出しているのかをチェックして値段設定するのがいいと思います。

また、年パスを持っていない方は、絶対StubHubのリセールチケットから購入されたほうがお得だと思います。定価以下でチケットが格安でお得に買えるし、年パス用のいいシートを購入できたりもしちゃいます。

チケットの価格はピンクの枠で囲った部分が掲載価格なので、少し注意が必要です。

ここの価格が前売価格の定価以下である必要があります。

値段を入力する箇所の隣に、参考価格が出てくるので、こちらを見ながら販売価格を決めるのも一案です。

また、セレッソ大阪はご存知の通りホームスタジアムが2つあるので、試合が開催されるスタジアム毎に上限価格が異なるのでご注意ください!

セレッソ大阪の公式リセールチケットですが、小中学生用のチケットは本当に驚くほど安く販売されています。

前売価格の定価以下が上限と設定されてはいますが、いくらで出品するかは、他の出品者の値段を参考にすることをお勧めします。高すぎると購入されない可能性がありますよ。

4. お客様情報を入力します。

すでにアカウントを持っていたら、StubHub.jpのアカウントにログイン。

初めて出品する場合は、ここでアカウントを作成して、情報を登録します。

登録時に必要なのは、名前、Emailアドレス、電話番号だけです。

ちなみにStubHubはアメリカのサイトなので、苗字より先に名前の入力欄が出てきていますね。笑

-Uncategorized

×