オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【随時更新】ひっそり、海外でプレーしている日本人サッカー選手【一覧】


ルーマニア

瀬戸 貴幸(せと たかゆき、1986年2月5日 - )は愛知県名古屋市出身のサッカー選手。ポジションは守備的ミッドフィールダー。

Jリーグ経験がないまま渡ったルーマニア1部アストラで8年プレー。

07年夏に当時ルーマニア3部のアストラへ入団。翌年2部へ昇格すると2年で1部へした苦労人

身長182センチで泥臭い守備から攻撃もできる大型ボランチ。

ユース世代から将来を期待されてきた多くのエリート選手にはない、タフさや泥くささが魅力

10年夏にはサウジアラビアのアル・ナスルから2年2億円、13年夏にはカタールSCから3年2億円という中東の金満クラブからの高額オファーが届いたが、日本代表という夢のため断ったという。

日本代表W杯アジア最終予選予備登録メンバーの予備登録89人の中に瀬戸の名前が入っていた。

オーストリア

南野 拓実(みなみの たくみ、1995年1月16日 - )は、大阪府泉佐野市出身のプロサッカー選手。オーストリア・ブンデスリーガ、レッドブル・ザルツブルク所属。ポジションはフォワード、ミッドフィールダー。

ドリブル、パスセンス、得点能力を兼ね備えたアタッカー。中学入学の2007年にセレッソ大阪U-15に加入。12年8月には2種登録選手となり、J1デビュー。

各年代の日本代表チームに選ばれるなど順調にステップアップ。11年にはU-17 W杯に出場し、W杯イヤーの14年には日本代表候補合宿にも参加

19歳でオーストリアのレッドブル・ザルツブルクに移籍。シーズン途中の加入となった1年目はリーグ戦13試合で3ゴールを挙げた。

2年目の昨シーズンはリーグ戦32試合に出場し、プロ入り初となる2ケタ得点をマーク。リーグ戦とカップ戦の2冠に貢献した。

奥川 雅也 (おくがわ まさや、1996年4月14日 - ) は、滋賀県甲賀市出身のサッカー選手。ポジションはFW、MF。

ドリブルおよび左右両足からの正確なプレースキックが武器。

京都サンガのアカデミー時代から、その才能を高く評価された逸材には、いつからか“古都のネイマール”の異名がついた。

2015年6月、オーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクへ完全移籍果たすと、即2部FCリーフェリングへ期限移籍。

FCリーフェリング(オーストリア2部)では主力として、30試合3ゴールを挙げた。

スイス

久保 裕也(くぼ ゆうや、1993年12月24日 - )は、山口県山口市出身のサッカー選手。スイス・スーパーリーグ・BSCヤングボーイズ所属。ポジションはFW

京都サンガF.C.の下部組織で10代から活躍し、2011年に2種登録選手としてトップチームに登録。

J2第8節のファジアーノ岡山戦でプロ初出場、初先発にして初ゴールを記録。リーグ戦30試合で10得点を挙げ、弱冠17歳にしてチームの最多得点者となった。12年には現役高校生ながらA代表に選出されて話題を集めた。

2013年に19歳でスイス1部リーグのBSCヤングボーイズへ完全移籍を果たすと、初年度からスーパーサブとして躍動。リーグ戦34試合に出場して7得点5アシストを記録

15-16シーズンにアドルフ・ヒュッター監督が就任すると、本来のFWとして起用されるようになり、29試合に出場。9ゴール6アシストと結果を残した。

ロシア

篠塚 一平(しのづか いっぺい、1995年3月20日 - )は、千葉県我孫子市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー。ロシアサッカー・プレミアリーグ、FCスパルタク・モスクワ所属。

父親が日本人で母親がロシア人のハーフ。

ロシアで育成に定評のあるアカデミア・チェルターノバ・モスクワのテストに合格

ドリブルを武器に CSKAモスクワ相手に大活躍し、スパルタク・モスクワ、FCゼニト・サンクトペテルブルクのスカウト網で注目され、2012年夏に17歳でスパルタク・モスクワと3年契約

-Uncategorized

×