オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

賠償でC・シーンが破産…事件・散財で落ちぶれてしまった有名人達


全財産を失ったチャーリー・シーン

昨年11月、HIV感染をテレビで告白し、世界中に衝撃を与えた俳優チャーリー・シーン(51)。

その後、仕事もまったくなくなり、両親の家に住むほど困窮していると報じられている。

一時は「テレビ界で最も高収入の俳優」として知られ、総資産は1億2500万ドル(約125億円)を超えるともいわれていたシーンだが、資産も底をつき、米情報サイトRadarOnlineによると、マリブにある両親マーティン・シーンとジャネット・シーン夫妻の家のゲストハウスで生活する日々という。

シーンは2人の元妻たちデニス・リチャーズとブルック・ミュエラーとの間に、それぞれ2人ずつ子供がいる。

2人に毎月55000ドル(約550万円)ずつ養育費を支払っていたが、ほぼ半分の25000ドル(約250万円)ずつに減額を要求。最近、2人はこれに同意したと報じられたばかりだ。

シーンをよく知る関係者は同サイトに、「悲しい話だ。一時は資産が1億2500万ドルを超えるほどだった彼が、高価な飛行機、麻薬、女性たち、そして、HIV感染を事前に知らされなかったとして訴えていた過去のセックスパートナーたちに支払った示談金などで、すべて使い果たした。チャーリーには仕事がない。誰も彼を雇いたがらない」と語っている。

麻薬使用で逮捕された元プロ野球選手の清原

覚せい剤取締法違反罪に問われた元プロ野球選手でタレントの清原和博被告(48)を懲役2年6月、執行猶予4年とした東京地裁判決は、検察、弁護側とも期限の14日までに控訴せず確定した。

判決によると、清原被告は2月、東京都港区のホテルで覚せい剤を使用し、同区の自宅で覚せい剤約0.2グラムを所持するなどした。

昭和42年8月18日生まれ。PL学園の4番打者として,投手桑田真澄とともに甲子園に春夏5回出場し(優勝2回,準優勝2回),通算13本塁打。昭和61年西武に入団,一塁手,31本塁打で新人王。

その後も4番打者として平成2年からの日本シリーズ3連覇などに貢献。9年巨人に移籍。16年2000本安打,17年500本塁打を達成。17年オリックスに移籍。20年引退。

また、50億あったとも言われる財産も現在は数十万円しかないとも言われていて、「よく保釈金を払えたな」とも思います。

覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕された元プロ野球選手・清原和博容疑者(48)は、生涯を通じて稼いだ額が50億円を突破するといわれるが、毎年のように高級車を買い替えるなどの散財ぶりも知られており、近年ではパチンコイベントにまで出演するなど“金欠”が話題になっていた。

覚醒剤取締法違反で有罪となった元プロ野球選手の清原和博氏(49)が、「自殺したのではないか」という情報が30日流れ、一時、メディアは大騒ぎとなった。

かつてスパースターであったポール・ガスコイン

現役時代のガスコイン氏は繊細なテクニックとパスセンスで、イングランド代表にとどまらずトットナムやニューカッスル、ラツィオで活躍した

選手生活で手に入れた1400万ポンド(約20億円)の財産が底をつき自活不能な状況にあるため、プロフットボール選手協会(PFA)に住居を確保してくれるよう依頼があったとの報道がされた。

現役途中からアルコールによるトラブルを起こしていたが、今月に入ってガウン一丁のくわえタバコ姿で酒を購入しようとし、タクシーの座席から足を踏み出して降りようとした際に、ガウンがずれ落ち下半身が丸出しになるという醜態をさらした。

-Uncategorized

×