オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

復帰戦で再び負傷…宮市亮のサッカー人生が悲惨すぎる件


この記事は私がまとめました

信頼性の高い情報を元に作成しました。

manuronaldさん

■皆さんはこの選手を覚えていますか?

2010年末にアーセナルに加入し、英国就労ビザの発行基準を満たさなかったため、オランダ1部のフェイエノールトへ期限付き移籍。

欧州主要リーグの日本人最年少デビュー・得点記録を更新するなど活躍し、11‐12シーズンにはアーセナルに復帰。

世界トップレベルの選手が集まるアーセナルでは中々出場機会を得る事ができず、ベンチを温める日々が続いた。

その後、ボルトンやウィガン、トゥウェンテなどを渡り歩き、2015年夏にザンクト・パウリに移籍した。

宮市、一人スルーパスから70m突破 チェルシーの右サイドを一人で粉砕 youtube.com/watch?v=YllgRk…

そういえば最近見かけない…

■100m10秒台のスピードスターを悩ませてきたのが度重なるケガ

爆発的な加速力をいかした縦への突破を武器とするプレースタイルだけに、身体にかかる負担はかなりのもの。

ウィガン時代の右足首、アーセナル時代の右太腿裏長期など、ほぼ毎シーズン怪我に苦しんできた。

特に、2度の「前十字靭帯断裂」はサッカー人生を大きく狂わせた

前十字靭帯の断裂とは

方向転換動作や着地動作、減速動作をする際に受傷するケースが多く、サッカー選手に多い怪我の1つ。

治療としては手術を行うが、再建した靭帯をもう一度損傷することや、反対側の膝の前十字靭帯を損傷することも多い。

ザンクト・パウリに加入直後、プレシーズンマッチで左膝前十字靭帯を断裂し、約8カ月の長期離脱。

その後復帰を果たし、リーグ戦23試合に出場していたが、2017年6月に今度は右膝前十字靭帯を断裂していた。

■悲報 その宮市が再び右膝前十字靭帯を断裂か

4月28日、2軍にあたるU-23チームのリーグ戦で、約11カ月ぶりの公式戦復帰を果たすも、わずか13分で負傷交代。

クラブは30日、MRI検査を行った結果「右ひざの前十字じん帯を再び断裂した可能性が高い」と発表。

診断が確定するのは、ミュンヘン近郊の専門医による関節鏡での診査が行われる5月3日とのこと。

2度の前十字靭帯断裂を乗り越え、本格復帰まで秒読みとなっていた宮市だが、再び長期離脱する可能性が出てきた。

■このニュースには様々な声が上がっている

これから少しでも自分の人生が辛いって勘違いしたら宮市の怪我一覧見ることにしよ.... pic.twitter.com/LXI4gxubRh

宮市うっそだろ!!??!?スペ体質とはよくいうけど、なんていうべきかのか、さすがに……。

宮市厳しいなー。
海外行くの早すぎた?
身体が出来てなかったのかな。

そもそもの体質なのか。

個人的に宮市みたいなハイスピードドリブラーが好きだから、アンダー世代から結構注目してた選手
だからこそ両膝靭帯断裂してまで復帰を目指す宮市を楽しみにしてた
でも怪我をしないというプロの能力は皆無だった
残酷だけどそれもサッカー

-Uncategorized

×