オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

心が整わず…長谷部の”ひじ打ち”退場に驚きの声


この記事は私がまとめました

信頼性の高い情報を基に作成しました。

manuronaldさん

■フランクフルトの長谷部が、まさかの一発レッドで退場!

先発した長谷部は、自ら与えたPKが相手の先制点となったほか、終盤にはFWゼルケへの肘打ち行為で一発退場。

■長谷部の“らしくない”プレーには現地メディアも驚き

ヴォルフスブルクに所属していた2013年5月のフランクフルト戦以来となる退場劇に、現地メディアも驚きを隠せない。

コバチ監督も「明らかにレッドカードのプレー。彼はベテランだし、あってはならないプレー」と叱咤した。

■一体何が起きたのか?

後半12分にPKを献上した場面で、長谷部は抗議し、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入するも判定は変わらず。

さらに、後半32分の失点場面でもビデオ判定となったが、オフサイドが認められないなど、フランクフルトにとって厳しい判定が連続。

長谷部自身も、前半からゼルケと激しくやり合っており、イライラを募らせた結果、肘打ちを行ってしまった。

ハイライトしか見てないけど長谷部がエルボーする気持ちも分かるくらい審判の判定がひどい笑

Jのレフェリングのレベルが低いと言われるけど、ドイツも相当ひどいなと思った。
長谷部のファールもPK相当か疑問だが、ビデオ判定したのにもかかわらずこれがオフサイドじゃないとは・・・

#ブンデスリーガ  #フランクフルト pic.twitter.com/6QPwiNJwNc

退場は妥当な判定だけど、それまでのイライラのつのるジャッジには同情する。

「あのハセベがまさかの…」日本代表主将、長谷部誠が独メディアも驚く愚行で一発退場!(SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース… twitter.com/i/web/status/9…

■なお、肘打ちを受けたゼルケは数日間の休養が必要との事

脳しんとう、さらに顎に打撲を抱えているとのことで、これから数日間の休養が見込まれている。

それでも「試合後に電話がかかってきて謝罪してくれた。素晴らしい行為。怒ってはいないよ。サッカーはそういうものだから」と述べている。

■長谷部は2試合の出場停止処分か

なお、危険プレーで退場の長谷部は通常の1試合ではなく、2試合の出場停止処分となる見込み。

復帰は最終節のシャルケ戦となり、フランクフルトはチームの要を欠いた状態で、重要な試合に臨まなければならない。

長谷部ー肘うちレッド&PK献上
酒井宏樹ー膝負傷(おそらく前十字靭帯断裂&W杯絶望的)
吉田、大迫、高徳ー降格寸前
乾&柴崎&香川(怪我明けー出番なし
ハリルー解任

増えるジョーカー、定まらない戦術・スタメン、W杯2か月前での急遽チーム再構築

日本代表過去最高にキメてんね

長谷部がわざとじゃなかったとしても、ラフプレーで一発退場って珍しすぎて、変な気持ちになったわ。

最近の心境も関係してたりするのかな。

長谷部…どうしたんだよ…小中学生の時に心を整えるで俺は救われてきた。今回ばかりは本当に擁護できない。いかに執拗にチェック受けても俺は長谷部を信じて暴言も吐かなかったし、審判にも言わなかった。DF抜けたら大変だしね。

今回はショックだし、残念です。

次は切り替えて! #長谷部誠

-Uncategorized

×