オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【朗報】ハリルホジッチ、アルジェリア監督時代も解任がチラつくも結果を残していた!!


この記事は私がまとめました

s.n.24さん

ハリルが語った日本とアルジェリアの違い

ロシアW杯前の貴重な国際AマッチデーだったがW杯に出ないマリ、ウクライナに勝てなかった。。。

サッカー日本代表は欧州遠征2戦目となるウクライナ戦にベルギー・リエージュのスタッド・モーリス・デュフランで臨み、1-2で敗れた。今回の欧州予選2試合を未勝利で終えたバヒド・ハリルホジッチ監督(65)は「W杯の準備としてはまだ不十分。本日の姿を批判されても受け入れて改善していかないといけない」と語った。

4年前と比べて、大会直前のチームの成熟度を問われると「アルジェリア代表には個人で違いを見せられる選手がいた。日本にはそれはいない。パワーもアルジェリアがあると思う」と現状を分析した。

ロシアW杯の対戦国は混乱!?

ハリルホジッチの監督経歴

ハリルホジッチはフランスで指導者として再出発を図り、1997年にモロッコの名門クラブ、ラジャ・カサブランカの監督に就任する。ここで2度のリーグ優勝とアフリカ・チャンピオンズリーグ優勝を達成すると、フランス2部リーグのリールに招かれることになった。

 リールでは99-00シーズンに1部昇格を達成し、翌シーズンは昇格1年目にしてリーグ3位と快進撃を演出する。手堅く現実的な守備組織を築いた彼の手腕は高く評価され、その後はレンヌ、パリSG、トラブゾンスポル(トルコ)、アル・イテハド(サウジアラビア)と、各国のクラブで監督を歴任した。

 2008年からはコートジボワール代表を指揮し、ディナモ・ザグレブを経て2011年、アルジェリア代表監督に就任。

フランスの名門パリサンジェルマンの指揮を務めたこともある。。

ハリルのサッカー

前線、中盤、後陣とエリアを分けて考えたとき、日本は3試合平均で前線で24.3%、中盤で53.3%、後陣で22.7%と相手陣に攻め込む時間のほうが長かった。ところがアルジェリアは4試合平均で、前線が14.8%、中盤が53.3%、後陣が32%と逆襲速攻で勝負した姿が浮かび上がる。しっかりと自陣で守り、そこから飛び出していくことでしぶとくグループリーグを突破したと言えるだろう。

ザッケローニ時代とは真逆のサッカー、日本人には合わなそうな戦術!!

ブラジルW杯のアルジェリア

サッカー日本代表ハリルホジッチが4年前に指揮したチーム

2014年のブラジルW杯において、アルジェリアは初戦でベルギーに奮戦しながら惜しくも敗れたが、続く韓国に勝利し、最終戦のロシアに引き分け、2位で決勝トーナメントに進出。ラウンド16では、グループリーグ初戦でポルトガルに4-0と大勝するなど、盤石の強さを見せていたドイツと対戦する。

堅守からのダイナミックなカウンターを武器に、ドイツの守護神ノイアーを破ればゴールというところまで何度も迫ったが、度重なるビッグセーブに阻まれ、0-0のまま延長戦へ。そこで体力の消耗を突かれて2点を失ったものの、諦めることなく1点を返した。

大会を通じて、世界王者に上り詰めるドイツを最も苦しめたアルジェリア。試合後に選手と抱き合ったハリルホジッチの涙は印象的だった。

4年前のアルジェリアは前評判に比べてかなり完成された強いチームだった!!

アルジェリア時代も解任危機だった。。。

ハリルホジッチがアルジェリアの代表監督に就任したのは、2011年の6月。2014年のブラジルW杯から逆算すると、日本代表より3ヶ月ほど遅い時期になる。そこから1年半の強化を経て、迎えた2013年1月のアフリカネーションズカップはグループリーグ敗退に終わり、いつ解任されてもおかしくない状況でW杯予選を戦うことになった。

その大会に招集した23人のメンバーで、ブラジルW杯の最終メンバーに選ばれたのは11人だった。GKのライス・エムボリ、セドリック・モハメド、DFのファウジ・グラム、カール・メジャニ、メフディ・モステファ、ラフィク・ハリシェ、リアシヌ・カムダロ、MFのメフディ・ラセン、ソフィアン・フェグリ、FWのアル・アラビ・スダニ、イスラム・スリマニ。

つまり1年半で半数が入れ替わったことになるが、残った選手はアルジェリアをベスト16に導くベースの戦力となった。なかでもGKの2人とDFの5人が残っていることは興味深い。

ハリルホジッチは本番に強いのか

ジャーナリストを遠ざけた

就任直後から、ハリルホジッチはジャーナリストには強い語気で接するアグレッシブな姿勢を貫いていたが、彼には狙いがあった。そうして自分自身に注目を集中させることで、選手たちをメディアのプレッシャーから遠ざけることだ。

 歴代の代表監督でも、これほどメディアに非協力だった人物は記憶にない。彼はメディアに関わるすべてを自分でコントロールし、スタッフはもちろん、選手たちにも試合内容などについて一切報道陣に語らないようにという戒厳令をしいた。チーム内がどんな状態にあるかという情報が外部に漏れることを防ぐためだ。

ハリルらしい

若手を育てた

世代交代の移行期という、最も難しい時期をアギーレから突如受け継ぐことになったハリルホジッチだが、ポジションを問わず様々な選手を試し続けている。アルジェリア代表監督時代は、国内メディアに批判されながらもリヤド・マフレズ(レスター・シティ)やナビル・ベンタレブ(シャルケ)を抜擢して鍛え上げたことでも知られているハリルホジッチ。

2部リーグでプレーしていたマフレズを発掘したハリルホジッチ。。
マフレズはヨーロッパのビッグクラブ狙う選手に成長!!

ハリルの当時の右腕が語ったハリルの性格

「彼は優しく、なにより能力の高い指揮官です。厳格な男という印象を与えているかもしれないが、いったん現場を離れれば、彼も一人の人間で、弱味や繊細な部分もあった。たとえて言うなら、彼は“ビロードの手袋に包まれた鉄の手”、そんな人物ですよ」

優しいイメージはない

ファン

@46ikutakeyaki @sosotakei ハリルが無能なワケじゃないと思うけども( 'Θ')

ハリルに「8年前の岡田ジャパン」再現は無理。協会は7日以内に解任を(webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2018… @YahooNewsTopics ハリルと杉山どっち信じるかって言ったらハリルなんだよなぁ

そうか、ハリルさん解任して、ユンジョンファンを日本代表監督にすればいいんだ。

ハリルが調子がいい中島をスタメンで使わない理由を考え出して1日が経過しました

監督変えてもやるのは選手だし
みたいな意見があるけど
監督で召集する選手もシステムも選手のモチベーションも変わってくる
結果の出ないハリルは早く解任してリオのオリンピック代表監督だった手倉森さんに任せても良いと思うのだけどなー⚽️

杉山茂樹氏がこうおっしゃるなら、ハリルも続投ですね。さすが逆神サマ

ハリル監督、ピリピリ会見一転「私の夢はW杯で成功して銀座でのパレード」

-Uncategorized

×