オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

ジャパネットたかた元社長のサッカークラブ経営手腕が凄すぎる


この記事は私がまとめました

ppp_comさん

■今シーズンよりJ1の舞台で戦うV・ファーレン長崎

2017シーズンの明治安田生命J2リーグを2位で終え、J1昇格を決めたV・ファーレン長崎

■昨シーズンはクラブの財政難によりJ3への降格も危惧されていた

V長崎は2016年決算で1億2000万円の赤字を計上し、約3億円の累積赤字を抱える経営難に陥っていた

大手スポンサーが少ないというJ2クラブの宿命の影響もあり、クラブ経営は綱渡りの状況だった

■そんな時、クラブの再建に乗り出したのはアノ人だった

そんな時、クラブのスポンサーで、地元長崎発の全国企業として知られるジャパネットたかたが名乗りを上げた

2017年5月、完全子会社になったのと同時に、ジャパネットたかたを大手通信販売会社に育て上げた創業者でもある高田明氏がクラブ運営会社の社長に就任

2009年から「地元長崎のためなら」と年間数億円のチームスポンサーとして支援、今回の倒産劇では総額10億円もの融資を即決した

■高田氏の社長就任以降、チームは上昇気流に乗りJ1昇格を決めた

4月末に彼が社長に就任して以降、チームの成績は上向き、ついにはJ1自動昇格(J2で2位以上)を勝ち取った

■高田氏はいったいどのような改革を行ったのか?

集客によって選手らのモチベーションアップ

スタジアムでは自慢のトークで家電類の即売会を行うなど、サポーターの心もつかんだ

これまで5,000人程度だった観客数は、J1昇格を懸けた天王山の一戦で1万3,000人を超え、最終節には2万2,000人まで膨れ上がった

監督や選手がサッカーに集中できる環境整備に邁進

サッカーに関してド素人社長は、社員が気持ちよく働ける職場環境づくりに邁進した

クラブが消えるかもしれないとの不安に怯えていた選手やスタッフが、元気印社長の登場で前向きになり、戦う姿勢をとった

-Uncategorized

×