オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【スケオタ】羽生選手の追っかけファンが色々な意味で話題らしい【ユヅリスト】


この記事は私がまとめました

血の繋がっていない人間に対してここまで熱狂的になれるのはある意味、凄い事です。

<フィギュア>羽生優勝の影におばちゃんファン2000人!フィ...|レコードチャイナ

記事は、「応援席は日の丸で覆い尽くされ、日本人選手が登場すると大きな歓声が沸いた。そして、日本のスポンサーによる広告がリンクの周囲を埋めていた。これは日本人選手がホームで試合するかのような感覚になってもらうためだ」と伝えた。

現場にいた日本人記者の推計によると、少なくとも2000人のファンが日本から駆け付けており、そのほとんどが中年女性だという。彼女たちは羽生に熱い声援を送っており、羽生はこうした追っかけファンたちの「憧れの人」なのだと紹介した。

羽生結弦の追っかけに400万円以上、日本のファンの熱狂ぶりに...|レコードチャイナ

日本メディアによると、「ユヅくんのために、これまで何個プーさんを買ったかわかりません」と語るファン歴4年の女性(61・主婦)は、観戦のために世界中の大会を飛び回り、400万円以上を費やしたという。選手の宿泊場所をファン仲間と予想していち早く宿を取るほどの入れ込みようで、「ユヅくんと同じ空気を吸っていると思うと、体温がぐっと上がるのを感じる」そうだ。

こうした羽生の追っかけファンの行動力について、中国のネット上には「もはや変態の域」と感服する声が寄せられている。

羽生結弦に追っかけが1600人!宿泊先ホテルでもトラブルを起こしていた! | スクープ!エンタメ 芸能 の ツボ

羽生結弦選手、演技開始直前に女性グループ絶叫 「ユヅ、愛してる~!」【動画】

(以下引用)
「演技開始直前、まさに音楽がかかるタイミングで
“ユヅゥ~、愛してるぅ~”
という絶叫が響きわたった。
その直後の転倒でしたからね。
試合後に影響を問われた彼は、自分に甘さがあったと歓声を理由にはしなかったけど、相撲でいえば立会い直前に野次が飛んだようなものですよ。
ソチ五輪前は、ここまでマナーを知らない“にわかファン”はリンクに来ませんでした」(フィギュア担当記者)
(以上引用 週刊新潮)

急激に人気が出ると、どうしてもこういった問題が出てきてしまいますね…。
この絶叫はテレビ中継に入ってしまうほどの大きなものだったそうですが、その予兆は試合前からあったといいます。
それは、4000円の観覧券が必要な公式練習。
3月24日から行われたこの公式練習、観覧は有料にも関わらず、1600人ものファンが殺到したのです。

(以下引用)
「彼がリンクに現れるとキャー、上着を脱ぐとキャー、滑り始めてキャー。
ライブ会場顔負けです」(同)
(以上引用 週刊新潮)

ファンの追っかけはこれだけにとどまらず、羽生選手の宿泊先のホテルにも及びました。

(以下引用)
宿泊先である新宿・京王プラザホテルに先回りした追っかけ組が、ロビーで花束やカメラ片手に“ユヅくん”を待ち受けたのだ。

「対するホテル側も警備員を増員して羽生を取り囲むような形で防御。
テープで規制線を張り玄関から動線を確保していましたが、あっけなく破られて50人ほどの女性が殺到。
彼も困惑していました」(同)
(以上引用 週刊新潮)

羽生結弦ファン「ユヅ女子」が紹介され話題 大半が中年層で「女子」呼び方に疑問も|ニフティニュース

■熱狂的なファン「ユヅ女子」現る
フィギュアスケート男子で66年ぶりに五輪連覇という快挙を成し遂げ世界を賑わせている羽生結弦。2連覇で大盛り上がりを見せているが「ユヅ女子」と呼ばれる熱狂的なファンは演技が始まる前から大興奮を見せていた。

中には、試合直前に奇跡を祈り、神社でお参りする人や足が治るようにお百度参りをする人も現れるほど。

さらに、現地で応援する熱狂的なファンも大勢見られた。番組が現地でインタビューを実施すると…

「羽生選手が演技で転んでしまう夢を見て一ヶ月前から眠れません。思い出すと涙が出てしまいます」

「気持ち悪くなりそうなくらい緊張してます、私が」

と、自分の子供のように羽生選手を心配していた。2日間の演技が終了し、金メダル獲得し五輪連覇を達成した瞬間には大勢のファンが感動の涙を流した。

■「ユヅ女子」という呼称に疑問
一方では呼び方に疑問を感じるという声も見られる。

情報7daysでユヅ女子なるものを追っかけ取材してたけど何でも「〇〇女子」ってつけるのはやめれwwwどうみても母親祖母世代の人多かったぞwww

— ??しむ せつこ?? (@yhcm_2618) February 17, 2018

羽生結弦の熱狂的ファンの大半が中年層だろうに「ユヅ女子」って呼称は悪意を感じるしマスコミのセンスには悪寒がするやな

— botch is over.? (@imYusukeShimizu) February 17, 2018

ユヅ女子ってのをTVでやってるけど、おばさんから初老の女性ばかりじゃないか。この年齢層でも女子と呼べるのか‥

— ワタル (@wataruxxxxxx) February 17, 2018

「羽生結弦クンの××写真が欲しいの」ミセスファンが集めている“宝物”とは? | アサ芸プラス

浅田真央の復帰モードでがぜん女子も盛り上がりを取り戻す気配だが、現時点ではフィギュアスケート界の集客力は、男子が圧倒的に上回っている。その主役はもちろん、羽生結弦だ。しかも彼のファンの半数以上が40代以上のミセスという点で強力だという。

「そこそこお金を持っているマダムが多いですからね。追っかけ距離も尋常じゃないし、写真集やグッズも必ず買ってくれる。昨年末に長野市で開催された『全日本選手権』では、市内のビジネスホテルは女性客で満杯。いい歳したオバサマたちが何人も『チケット譲ってください』とプラカードを持って立ってました。そのお金の落としっぷりは凄いですよ」(スポーツ紙記者)

【フィギュア】「ユヅくんのことを考すぎておかしくなる」(40代主婦)…羽生結弦にハマる女子たちの妄想 | ガールズちゃんねる - Girls Channel -

「スッと切れ長の目で、黙っていると美少年。でもニコッと笑うと、まるで少女のよう。萩尾望都や竹宮恵子の漫画の世界にいた男子が、間違って現実に出てきてしまった感じです。憧れの王子さまっていうより、触れてはいけない存在というか……。毎日、一日中ユヅくんのことを考えすぎて、おかしくなりそう。とりわけキス&クライのユヅくんが好きで、何度繰り返し見たことか」(40代主婦)

「たまに不安そうになる子犬のようなつぶらな瞳に母性本能をくすぐられる。膝枕をしてあげることを想像するだけでご飯が何杯でもいけます」(30代OL)

「頬杖をつきながら採点を待っているさまは、まさに乙女。プーさんのぬいぐるみを嬉しそうに抱えている姿には胸キュンです。ああいう姿を見ると私たちのことも素直に喜んでうけいれているんだろうな、って思える」(40代女性)

「セクシーでオーラ全開な演技が終わった後、厳しい表情一転、ハニカミ顔に。そしてプーさんのティッシュケースからティッシュを出して鼻をかむ。そのギャップがたまらない。そのうえ、手の振り方。胸の前でちっちゃく小刻みに振る乙女な姿を見せられた日にはもう……」(50代主婦)

キモい! 悪質! と大不評の羽生結弦ファン「ユヅリスト」は秘部を濡らしているだけまだマシ!

さて、世間が「キモい」とするユヅリストは一体どんなことをしているのでしょうか。

 昨年11月、宇野昌磨選手がスケートリンクを貸し切って練習しているのを不満に思い、スケート連盟に電話突撃→「費用はスケ連から出ている」とスケ連が言っている→宇野ばかり特別扱い許せない! ゆづが稼いだ金でひどい! 日本の恥! ゆづを守りましょう!!
 
――と真偽不明な噂を拡散するなどの、アンチ宇野選手活動。これはたしかに悪質ですね。

または、会場で場違いなぷーさんのきぐるみを着るとか、新参者が多いゆえに、会場で買わねばならない投げ込むための専用花を普通の花屋で買い持参、リンクに花びらが散らばってしまう、とか、会場前に長蛇の列を作ってしまう、出待ちする、とかが、「悪質」とされています。

さらに昨年7月に『週刊女性』(主婦の友社)が企画したアンケート「抱かれたい男グランプリ2017」で羽生選手が2位を獲得。「身体の線が美しいので裸体を見たい」「年上として癒してあげたい(40代)」「ゆづくんにいろんなことを教えてあげたい(40代)」などの回答があったことへ、「キモい」と集中砲火を受けていました。

旅費に年間数百万円…羽生結弦の追っかけ女性ファンのセレブな実態 - ライブドアニュース

「年齢は40~50代ぐらいが多いですね。食事とかもこだわりがあるようで、『昨日の夜ご飯おいしかったわね~』とワイワイやってました。でもアイスアリーナがあるオリンピックパークのご飯は『高いけどショボい』とみんな幻滅してました。確かに1万ウオン(約1000円)もするのに、日本なら300円ぐらいのビビンバとかカツレツ弁当しか出てきませんでしたから」(同)

 スケオタ女性が、その実態を明かす。

「子育てとかが落ち着いた奥さんなんかは本当にセレブで、旦那のお金を使って世界中回ってます。数百万円単位を1年で使い切りますよ。そんな高貴なフィギュアマニアなんで、メッチャ高い観戦ツアー代とかも余裕なんです」
 追っかけファンの最たる目的は、日本国内のフィギュア大会ではなかなか撮れない、羽生らお目当て選手たちの写真だという。

-Uncategorized

×