オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

アスリートを支える!スポーツ整体師の仕事は魅力がいっぱい


この記事は私がまとめました

アスリートに必要な体のメンテナンス

アスリートにとって、体のメンテナンスは非常に重要と言われています。

では、何故、体のメンテナンスが需要なのでしょうか?

アスリートは、基本的に何度も同じような動作を繰り返しますよね。例えば、陸上選手であれば足を前に大きく踏み出す動きをします。
なので、股関節や足首、ひざといった下半身に対して大きな負担を繰り返しかけているのです。その体をそのまま放っておくと、故障に繋がってしまいます。

アスリートを影で支える存在・スポーツ整体師の存在

アスリートは度重なる肉体の酷使で、心身ともにキズづいてしまいます。そんな彼らを影でサポートしているのが、スポーツ整体師なのです。

アスリートは怪我をしてしまうと、その期間がライバルとの差に繋がってしまいます。それを防ぐために、スポーツ整体があります。スポーツ整体師は、アスリートに対してどのようなことを行っているのか見ていきましょう。

"スポーツ整体は運動することによって生じる痛みや体の歪みや癖を改善します。

また、スポーツをするときに好ましい正しい姿勢をアドバイスすることもできるため、フォームの改善にも効果が期待されます。

"プロのスポーツ選手をはじめ、日常的にスポーツを楽しんでいる人たちも対象です。

スポーツ整体の施術を継続することで、怪我をしにくい体を作ることもできますし、結果的にスポーツのスコアをアップさせる効果にも期待ができます。"

このようにスポーツ整体は、アスリートにとって快適な運動ができるような環境を整えることが主な仕事内容になります。

スポーツ整体の仕事はこんなに楽しい

スポーツ整体師として現役で働いている方の中には、こんな意見も見受けられます。

1対1でお客様と深い関わりをもって指導ができるパーソナルトレーナーの道を選びました。身体を絞りたい方や理想の身体づくりをめざす方のために、ダイエットだけでなく、腰痛解消など、1人ひとりに合わせたプログラムを考えることができることがやりがいだと感じています。これから知識や経験を積んで自分のジムをつくることが最終目標です。

スポーツ整体師は、プロスポーツ選手を陰から支えるトレーナーになることもできます。なので、スポーツが好きな人だと、楽しみながら仕事をこなしていくことができるでしょう。

どうすればスポーツ整体師になれるの?

整体師には国家資格がなく、民間資格のみとなります。それはスポーツ整体の場合も同様です。

しかしスポーツ整体の対象であるアスリートは、普段一般の人が使わない筋肉や骨を痛めている場合もあるので、スポーツ系の整体をするには体に関する専門的な知識が必要になります。ですので、専門学校へ通い、実際にスポーツ整体をしていた経歴を持つプロの講師のもとで学ぶことが、スポーツ整体師になるための近道になるといえそうです。

"整体・指圧・鍼灸・理学療法(リハビリ)などの国家資格をもち、かつ競技経験があるなど何らかのスポーツに精通している人であれば、養成学校を卒業していなくてもスポーツトレーナーとして働くことが可能です。
怪我の予防や疲労回復、リハビリサポートなどコンディショニング専門のトレーナーを目指す場合は、プロとして多くの施術経験があることは大きなアドバンテージになるでしょう。"

あん摩マッサージ指圧は、国家資格を有した人だけが行なうことができますから、そうではない施術を行なう整体院においては、「マッサージ」という語句を用いた広告を使うことも、法律に抵触する可能性があります。整体院の名称や広告によって、患者さんに誤解を与えることがないようにも、十分注意しましょう。

スポーツ整体師を目指すなら専門の学校へ!

学校を卒業しなくても、スキルがあればスポーツ整体師として活躍することができるでしょう。

ですが、そういった方は少ないので、学校でしっかりと基礎知識を身に付けことが、一番の近道になるかもしれません。

その為、スポーツ整体師を目指すなら専門の学校へ通うことを検討してみてはいかがでしょうか?

-Uncategorized

×