オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

羽生結弦故郷にも希望与えた。仙台で凱旋パレード案進行中。


この記事は私がまとめました

PopCherryさん

試合後の記者会見。震災の話を振られ、少し考えてから答えた。「ソチで金メダルを持ち帰った時、たくさんの方の笑顔が見られた。また笑顔になってもらえればと思う」。一つ一つ大切そうに言葉をつないだ。
 今シーズン前は「震災があったから今がある」と語っていた。最高の結果で故郷に恩返しした。

常に故郷の方々を思い続けていた羽生結弦。

羽生結弦選手(23)の優勝を受けて17日、郡和子仙台市長がコメントを出した。「66年ぶりとなる五輪連覇という快挙を成し遂げた羽生選手は仙台市民の誇り」と喜んだ。
 4年前のソチ五輪の金メダルを「東日本大震災の被災地に勇気と希望を与えた」と振り返り、右足首の負傷を乗り越えて達成した今回の偉業を「復興に取り組む被災地の人々に、諦めないことの大切さを教えてくれた」と受け止めた。

金メダル獲得と五輪2連覇で凱旋パレード実施案が前向きに検討されています。

<平昌五輪>羽生選手連覇 凱旋パレード前向きに検討 仙台市長

羽生選手は仙台の誇りです!被災した方達も勇気づけられたことでしょう。

-Uncategorized

×