オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

高梨沙羅も続いた!平昌五輪で日本初となるメダルのラッシュに感動の声


この記事は私がまとめました

平昌オリンピックで日本勢初となるメダルの乱れ咲きに賞賛の声があがりました。

nyokikeさん

▼高梨沙羅がジャンプ女子日本勢初の銅メダルを獲得した!

高梨沙羅(クラレ)が1回目、2回目とも103メートル50を飛んで243・8点で3位となり、前回のソチ大会から採用された女子ジャンプで、日本勢初のメダルを獲得した。

今季ワールドカップ(W杯)10戦7勝のマーレン・ルンビ(ノルウェー)が金メダル。カタリナ・アルトハウス(ドイツ)が銀メダル。

メダルをかけた2回目のジャンプ。着地の瞬間、両手を上げてガッツポーズを繰り返した。ゴーグル越しにもわかるほど涙が流れた。4年分の思いがこもったジャンプだった。表彰台では笑顔で手を振り、観客に頭を下げた。

・期待されながら届かなかったメダルから4年…

W杯では男女を通じて史上最多タイの53勝をマークした。強さを誇る一方で15、17年の世界選手権では4位、3位と結果を出せず苦しんだ。

涙の4位に終わったソチ五輪から4年。「あの悔しさを糧に、この4年間、ここで金メダルを取るためにやってきた。勝ち取りたい」。

昨春から、1センチほどの厚さのメモ帳を持ち歩くようになった。良かった点、悪かった点、指導された内容を書き留め、行き詰まった時に見返す。メモは1月末で3冊。

牧野講平トレーナー(38)は「書き出すことで整理して課題を見つけやすい。メンタル的にも落ち着くのでは」と推し量る。

大好きな母・千景さんからは指輪を手渡され、お守りと一緒に大事に保管している。思いは家族も同じだった。

・その目には涙が…

「目標にしていた金メダルには届かなかったんですけれども、最後の最後に、渾身の1番良いジャンプが飛べましたし、何より日本チームのみんなが下で待っていてくれたのがうれしかったです。自分の中でも記憶に残る、競技人生でも糧になる貴重な経験をさせていただきました」と目を潤ませながら話した。

高梨沙羅、銅メダル!
あのプレッシャーの中であのジャンプは、完璧だった!踏切の時点で鳥肌が立ちました。感動をありがとう! pic.twitter.com/yECVoFk0CJ

ソチ五輪から4年。前回4位から、今回は銅メダルに輝いた #高梨沙羅 選手。見た目では順位一つ上がっただけかもだけど、この一個の順位を確実に上げてメダルを取るところの凄さですよ。近年のヨーロッパ勢の強さに果敢に立ち向かった姿には、心… twitter.com/i/web/status/9…

私が平昌に行ったのは数ヶ月前。
その場所で、高梨沙羅選手がやってくれたんですね。おめでとう!ございました!!!雪なし状態でしたけど。 pic.twitter.com/sNkxiBoYwQ

高梨沙羅さん銅メダルおめでとうございます!

高梨沙羅ちゃん 銅おめでとうございまーす(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)✨‼️

かわいいし飛んでる姿もかっこいいし素敵だし本当に良かった(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

高梨沙羅選手、銅メダルー!
おめでとうございます

高梨沙羅、スキージャンプ女子ノーマルヒル銅メダル。おめでとう!寒い深夜によく頑張った。五輪の金メダル、諸条件が整わないと容易には獲得できないものだ。

▼スピードスケートの高木美帆が個人種目では日本女子史上初となる銀メダルを獲得!

平昌五輪は12日、スピードスケートの女子1500メートルが行われ、高木美帆(23=日体大助手)が1分54秒55をマークし、スピードスケートの個人種目では日本女子史上初となる銀メダルを獲得した。

優勝は1分54秒35をマークしたイレイン・ブスト(31=オランダ)で、高木との差は、わずか0秒20差だった。

涙がかわいた表彰台。高木美は「改めて表彰台に立ってみて、1番を獲れなかったのは凄く悔しい気持ちが、またこみあげてきた時間だった」と言った。

「本当にこの会場まで(応援に)来てくださった方に感謝でいっぱいだし、今までソチ五輪始まる前からいろんな人に支えられてきたので、こみ上げるものがあった。最高順位を取れたことに誇りを持ちたい。1000とパシュート(団体追い抜き)で今以上のレースをできるように準備したい」。

-Uncategorized

×