オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【おおきく振りかぶって】三橋君が投げた“ナックルカーブ”ってなんだ!?


★秋季・地区大会1回戦 西浦vs武蔵野 9回の表

単行本23巻、エース三橋君が新球“ナックルカーブ”を投げました。

カーブ・スライダー・シュートは聞いたことあるけど・・・って読者もいたのでは?

この“ナックルカーブ”が何者で、カーブやナックルと何が違うのでしょうか。

★“ナックルカーブ”とは

●中指はカーブのように縫い目にかけ、人差し指は折り曲げて縫い目に爪を立てる。
もしくは人差し指の間接をナックルのように曲げる。中指と親指でボールをはさむように握る。
もしくは親指は曲げてもいいが、手の小さい人は曲げなくてもいい。

●ナックルカーブの握り方は代表的なものとして2つ挙げられる。一つはボールに対して立てた指をリリースの瞬間に弾くようにしてカーブの回転をかけるタイプで、もう一つは、立てた指をボールに食い込ませるようにしてカーブの回転をかけるタイプ。

①ナックルカーブとカーブの違いは??

変化自体はカーブと変わりませんが、人差し指を曲げることによってボールを抜きやすくなります。
抜きやすい握りで投げることによって、結果的に上手く抜けて変化が大きくなる場合もあります。
しかし、"抜きやすくなる=すっぽ抜けやすくなる"ということ。
コントロールが難しく、扱いには慣れと細心の注意が必要です

変化はかなり大きいカーブ。鋭く曲がる。ただ、カーブとは違い変化の大小や緩急の投げわけが難しく、
変化のあまりコースが単純になりやすく見切られると危ない。

カーブよりも変化が大きいみたいです。すでに投げれる三橋君も作中で、「空振りがとれる球がほしい」ってシーンがありました。

ちなみに、カーブの握り方はこちら

1本、または二本で捻るようにリリースします。頭の後ろから鼻の前へ腕を丸く巻きつけ、右バッターの上半身やキャッチャーの左肩を狙って投げます。

②ナックルカーブとナックルの違いは??

ナックルカーブとは、人差し指をナックルのように曲げて握るカーブです。
名前から勘違いしそうですが、ナックルのような変化をするわけではないです

「ナックルカーブ」と聞くと、
ああ、あの無回転で揺れながら落ちる、投げた本人もどう変化するか分からない、という”魔球”ね、
と誤解される方もいらっしゃるかもしれません。
が、「ナックルカーブ」と「ナックルボール」は、まったく別物の変化球です。

握り方がナックルのようであって、けっしてナックルのように変化するのではないようです。まとめると、握りがナックルに似ており、カーブに近い軌道でより落差の大きい変化をするようです。ナックルカーブは回転がかかっており、ナックルは無回転の球である(そのため、揺れながら落ちるようです)

ちなみに、ナックルの握り方はこちら。

ゆっくり来る上に、変化幅もそれほどではないかと思えば異様に落ちたり、ユラユラとどう動くかわからない軌道のおかげで、まともに芯に当てるの難しいとされています

★ 実際に、ナックルカーブを投げるプロ野球選手は?

・ヤクルト-メッツ-ブルージェイズ-ヤンキース-3Aスクラントン-ソフトバンク(現在)

・ヤンキース時代に、ナックルカーブを習得したようです。

五十嵐の場合、少し変わったカーブを投げる。五十嵐は人差し指を立てて速度を落とす“ナックルカーブ”という特殊球を投げているのである。

★ナックルカーブをあやつる三橋君の投球に期待大!!

★そして、おおきく振りかぶって24巻発売中

★参考サイトはこちら

-Uncategorized

×