オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

羽生選手が全日本欠場…来年の平昌五輪はどうなる??


この記事は私がまとめました

hanyougettiさん

五輪出場は確実の様だが…

オリンピックの出場権を懸けた、重要な大会となっている全日本フィギュア。
欠場を発表した羽生選手は、選考基準の1つでもある世界ランキング1位のため、けがさえ治れば、オリンピック出場は確実とみられている。
世界王者の羽生選手。
およそ50日後に迫った平昌(ピョンチャン)オリンピックでの復活が注目される。

平昌五輪はぶっつけ??

日本スケート連盟は18日、フィギュア男子で2014年ソチ五輪金メダリストの羽生結弦(23)=ANA=が右足首のけがからの回復が間に合わず、平昌五輪代表最終選考会の全日本選手権(21〜24日、調布市武蔵野の森総合スポーツプラザ)を欠場すると発表した。羽生は世界ランキング1位などの実績があり、選考基準で代表入りは確実だが、来年2月9日開幕の平昌五輪にぶっつけで臨む可能性が出てきた。

平昌五輪代表の選考要項には、負傷などにより、全日本に出場できなかった場合の“救済条項”もあり、世界ランク、今季シーズンベストなどで羽生の代表入りは確実。ただ、全日本に出場しなかったことで、10月のロシア杯から約4カ月実戦から離れ、“ぶっつけ”での五輪出場となる可能性が高まっている。

演技の構成はどうなる?

高得点の4回転ルッツは右足のつま先を突いて跳び、羽生が世界で初めて成功した4回転ループは右足で踏み切る大技。15年のグランプリ・ファイナルで世界歴代最高の合計330.43点を出したときは、難度の低いサルコーとトーループの2種類の4回転で完成度の高い演技を見せた。
 「守ることも捨てることもできる」と口にする4種類の4回転。どのような構成で勝負するか、五輪まで時間は限られている。

本人の意思は?

「全日本に向け、治療とリハビリに取り組んでまいりましたが、断念せざるを得なくなりました。今後は一日も早く、ベストな状態で練習に専念出来るよう頑張りたいと思います」

11月9日のNHK杯の前日練習で右足関節外側じん帯を損傷した羽生は14日に「腱と骨にも炎症があるため、治るスピードが早くはありません。いつから練習を再開出来るかは、まだ決まっていません」とコメントを出していた。

 羽生本人はギリギリまで出場へ意欲を見せながら、拠点のカナダ・トロントで懸命に治療とリハビリに努めていたが、この日までに欠場の決断を下した。

彼は精神面でもとても強い選手なので我々は彼を信じて待ちましょう。

-Uncategorized

×