オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

レアルとバルサ…2つのビッグクラブに渦巻く禁断の移籍


■レアルマドリード、元バルサ所属選手の獲得を画策か

レアル・マドリーの会長フロレンティーノ・ペレス会長がチェルシーのセスクの獲得を視野に入れている

セスクはスペイン紙『マルカ』に対し「もうバルセロナに戻ることはない」と公言している

■一方で、バルサも元レアル所属選手の獲得を検討しているとの噂も

バルセロナはMSNという世界に誇る3トップがいるが、現状サブに信頼の置ける選手がおらず、優れた最前線の選手を求めている

ディ・マリアはバルセロナの最大のライバル、レアル・マドリードに在籍していた過去を持つ

■海外サッカーでは、元所属選手のライバルチームへの移籍には厳しい目が向けられる

あるチームに所属している選手が、ライバルチームに移籍する時に「禁断の移籍」という言葉がよく使われます

お互いライバルチームで、 お互いのクラブをもし移籍で行き来するので罵倒が当たり前

■激しいライバル関係にあるレアルとバルサ

マドリードとバルセロナというスペインの2大都市を象徴するクラブでもあるため対抗意識が非常に強く、試合が盛り上がるため、この試合はスペイン国内のみならず世界的にも注目される

世界屈指の実力と伝統を備えた2大クラブは、互いを意識しながら切磋琢磨し、サッカー史に数々の功績を残してきた

良い意味でも悪い意味でもクラブ創設以来100年以上にわたり、しのぎを削って世界トップのクラブにまで成長した

■選手の移籍を巡って、過去に様々な確執を抱えている

フィーゴ

レアル・マドリーは彼の獲得に3700万ポンドというバイアウト額を支払い、それはギャラクティコ時代の到来を告げるものとなった

カンプ・ノウで行われたクラシコでは、コーナーキックに向かうフィーゴに対して無数のペットボトルや豚の顔の皮が投げられ、試合がおよそ10分中断した

ロナウド

レアル、バルサ、ACミラン、インテルと禁断の移籍を2度しながらビッククラブを渡り歩きました

世界的なライバル関係にあるクラブに所属したロナウドだが、本人はレアル・マドリードのファンを公言している

サビオラ

-Uncategorized

×