オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

知っている人は知っている!?日本で活躍しているスポーツ選手


野球

トニー・バーネット

1983年11月9日 生まれ

出身地:アメリカ合衆国アラスカ州アンカレッジ

2010年1月7日にNPBの東京ヤクルトスワローズと1年契約を結んだ。
2015年でヤクルトとの契約期間を満了

ハリウッド俳優顔負けの端正な顔立ちが特徴で、ヤクルト時代には、外国人選手ながら女性ファン人気が高かった。
テレビ中継で実況解説陣が容姿に触れることも多く、2010年シーズン前に初訪日した際には、空港でバーネットの姿を目撃した千葉ロッテマリーンズ広報の梶原紀章が「格好良すぎる」と絶賛していた。

試合を締めくくると吠えながらガッツポーズを何度もすることが多く
(大事な試合であるほど動作が大きい)、その行動が「ダンス」と評されることがある。

ブライアン・ファルケンボーグ

1978年1月18日 生まれ

出身地:アメリカ合衆国カリフォルニア州ニューポートビーチ

2009年に福岡ソフトバンクホークスへ入団
2013年 10月15日に球団から退団を発表された

2014年1月8日、東北楽天ゴールデンイーグルスが、ファルケンボーグとの契約で合意に達したことを発表した

本人曰く、精神をリラックスさせたりする為に球場入りの際にはハンバーガーを食べる他、
消化のいい食品、エネルギーを効率良く取れるものを選んでいると語っている

デニス・サファテ

1981年4月9日生まれ

出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク クイーンズ区

2011年はクローザーとして起用され、オールスター明けまでリーグトップの22セーブを記録する活躍をみせた。
広島からの退団が決まった直後の2012年12月14日、埼玉西武ライオンズはサファテとの契約を発表
2013年12月17日、福岡ソフトバンクホークスはサファテの獲得を発表

アストロズ時代の2007年に「ジーザス(イエス・キリスト)の存在に興味を持った」ことから、以後敬虔なクリスチャンとなる。
本人曰く「以来、オレの人生が劇的に変わったと言ってもいい」とのことで、スポーツ紙のインタビューにも「ただひたすらジーザス・クライストのために投げている」「日本人にもジーザスの言葉を伝えていきたい」と語っている

ラグビー

アマナキ・レレイ・マフィ

1990年1月11日生まれ

出身地:トンガ ヌクアロファ

チームメイトが付けたあだ名は「フィジカルモンスター」。

2014年、トップリーグ1年目で早くもエディー・ジョーンズヘッドコーチの目に止まり、日本代表へ招集。
U20トンガ代表歴があり、トンガ代表からも声がかかったが、迷った末に日本代表を選択した

◇好きな食べ物は「焼肉」。高校時代は物理と会計が得意だった。
16人兄弟の下から2番目で、愛称は「ナキ」。ちなみにレレィはミドルネームとのこと。
口癖は「練習も試合も100%」

試合での活躍

マレ・サウ

1987年10月13日生まれ

出身地:ニュージーランド

2008年、19歳でヤマハ発動機入り、五郎丸歩とは同期にあたる。
日本シーズン終了後に、ブルーズ(ニュージーランド)に加入。

所属のヤマハ発動機では日本選手権初優勝に大きく貢献した。
両親がサモア人で、ニュージーランド・サモア・日本と3カ国の代表資格があった中、2013年に「家族のため」日本代表を選んだ。

◇嫌いな食べ物は納豆、いくら。愛称は「マレ」。

カーン・ヘスケス

1985年8月1日生まれ

出身地:ニュージーランド ネーピア

妻のカーラ・ホヘパは女子ニュージーランド代表で2010年のワールドカップで優勝、
IRB年間最優秀女子選手に輝いた。

2014年7月に日本代表合宿に初参加し、同年11月のジャパンXVvsマオリ・オールブラックスで初めて桜のジャージーに袖を通し、
続けて行われた日本代表欧州遠征のルーマニア戦で念願の初キャップを獲得
来日した頃は3年住んだら日本代表選手としての資格を得られることも知らなかった」と述べている。

◇日本食が大好きで、特にうどんなど麺類が好物。
現在はニュージーランド7人制代表。ニックネームは「カーネッジ」。

サッカー

ハーフナー・マイク

出典i.yimg.jp

1987年5月20日生まれ

出身地:広島県 広島市

広島県広島市出身のプロサッカー選手。日本代表。ポジションはフォワード。ADOデン・ハーグ所属。

子供の頃は家庭ではオランダ語、インターナショナルスクールでは英語、日常生活とサッカーでは日本語を使用したためトライリンガルとなった。日本語が母語で、頭で考える時は日本語を使う。
なお、戸籍上の本名が片仮名で登録されているため、名前の漢字表記は公式には存在しない。

サポーターには自身を「マイクと呼んで欲しい」と呼びかけている。

試合での活躍

-Uncategorized

×