オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

「ずっと欲しかった」悲願の金メダルを獲得した田知本遥選手にみんな感動した


田知本遥選手が金メダルを獲得!

リオデジャネイロオリンピック、柔道女子70キロ級で田知本遥選手が金メダルを獲得しました。

柔道女子は前日までの4階級で頂点を逃したが、田知本の優勝で、1996年アトランタ五輪から6大会連続の金メダル獲得となった。

女子70キロ級の日本勢では、アテネ、北京大会を2連覇した上野雅恵以来の五輪制覇となった。

悲願の金メダル獲得!

田知本は組み手を封じられる苦しい闘いが続いたが、準々決勝でズパンチッチ(カナダ)に延長戦にもつれながらも優勢勝ち。

準決勝では、ラウラ・ファルガスコッホ(26)=ドイツ=に1分38秒に大外刈りで技ありを奪い優勢勝ちした。

決勝戦でコロンビアのアルベアル選手に一本勝ち。前回ロンドンオリンピックでは7位に終わった田知本選手が、悲願の金メダルを獲得しました。

「ずっとほしかった」

表彰式の後、田知本選手は「ずっとほしかったものが今こうして手元にあることが信じられない。(4年間が)本当にこういうふうに報われて最高です」と笑顔で話した。

「本当に苦しかったです。柔道を辞めたいと思ったし。でも、今日のために(苦しい時期は)あったんだなって思います」

「最後に抑え込んだときは、もう絶対離さないと思ったし、自分で秒数は見えなかったのですが、あと何秒って思って耐えました」

苦難の時期もありました

この4年の間に落とし穴もあった。昨年2月の国際大会前にドーピング違反成分が含まれた市販の風邪薬を服用し、出場を見合わせ。

ケアレスミスで「警告」処分となったが、そこから周囲の励ましを力に立ち直り、国際大会で結果を残して巻き返した。

4月の全日本選抜体重別選手権で2年連続3度目の優勝を飾り、文句なしの代表入り。7位に終わった4年前より「自信がある」と満を持して再挑戦。2度目の五輪でついに夢をかなえた。

田知本遥選手とは?

女子70キロ級の田知本遥選手は富山県出身の26歳で、2大会連続のオリンピック出場です。

田知本遥選手の活躍にみんな感動しました

youtu.be/HnBPkDIaAEg
田知本遥さんの勝った時の顔の表情に感動した
金メダルおめでとうございます

田知本選手おめでとうございます!勝ちたい気持ちの溢れる気迫に感動してます。おめでとうございます!!!

一番感動したのは女子柔道の田知本遥さんでした。苦境から勝ち上がり、横四方固めで勝負を決め、顔にかかった髪をかきあげた時の、お名前の通り遥かなものを見ているような目、表彰台で掲揚される国旗を見る澄んだまなざし。美しかったです。

-Uncategorized

×