オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

荒れた時期に寄り添った...メダリストたちの影に「頼もしい女性の存在」があった


メダルラッシュで絶好調の五輪 日本選手団

リオデジャネイロ五輪で日本選手団は、決勝種目がある本格的な競技初日に金1銅4のメダルラッシュとなった

リオデジャネイロ五輪での日本選手団のメダル数は第4日の8日、早くも2けたに乗った

前回の2012年ロンドン五輪に近いペースで、日本勢はまずまずのスタートを切ったといえる

▼そんなメダリストの影には"女性の存在"があった

水泳400m個人メドレー 金メダル 萩野公介選手

萩野公介選手は、アメリカ勢の6連覇を阻んでこの種目、日本初の金メダルを獲得しました

その影には母 貴子さんの存在があった

「つらい練習も真面目にコツコツ取り組める。才能といえばそれぐらい」。萩野選手についてそう話す母親の貴子さん(52)

レース直後、興奮さめやらぬ様子で「よかったとしか言えない。今までと比べものにならないうれしさ」と語った貴子さん

子育てに全力投球でサポートした

萩野選手の両親は公介さんに、ピアノ・英会話・茶道など様々な習い事を試します

貴子さんはそのすべてに同行。そこには、ある思いがあった。「掃除に、洗濯に、子育て。そのすべてを手抜きしないでやろうと思ったら、私には1人っ子で精一杯でした

栄養面でも貴子さんは奮闘します。中高の6年間は、毎朝4時半に起きて、朝練に出かける公介さんへお弁当を持たせていました

貴子さんが2年前の冬から始めた毎日のメニューノートは、現在4冊目に突入しているという。彼女の支えなしに、怪物は育たなかったといえるだろう

柔道男子66キロ級 銅メダル 海老沼匡選手

柔道男子66キロ級で海老沼匡選手が2大会連続の銅メダルを獲得しました

その影には妻 香菜さんの存在があった

声をからして声援を送り続けた妻香菜さん(28)は言った。「金より価値のある銅メダルです」

高校時代から9年の交際。柔道界一まじめと評される海老沼は白いリムジンを用意し車内でプロポーズする演出で射止めた

支えたのは香菜だった。女子63キロ級で世界ランク3位にいながら現役を引退。ケガが続いた競技人生にピリオドを打つと、14年12月に結婚し、サポート役に回った

食事面でサポート

-Uncategorized

×