オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

[NBA開幕はよ]来いよ兄弟!ウェイド&レブロンの黄金デュオ復活へ!


NBAに衝撃が....!!!

2014-15シーズンから昨シーズンまでレブロンとタッグを組んでいたカイリーアービングがまさかの移籍。。。

これは衝撃でしたね。。。

今オフで一番驚いたのはやっぱりアービングのBOS移籍である。

だがしかしッッッッ......!?!?!?

あの男が.......!!!!!!!!

Dwyane Wade(ドウェイン・ウェイド)
高速かつユーロステップを交えた自在なペネトレイトが持ち味の攻撃的ガード。コンボガードの典型であり、特にシューティングガードで才能を発揮する。得点王の獲得もあるリーグ屈指のスコアラー。

そのキレッキレのドライブから彼はFLASH(閃光)と呼ばれるように。。。

非常に勝負強く、2006年ファイナルで平均34.6得点を記録し、マイケル・ジョーダンを彷彿させる決定力を見せた。NBAのシューティングガードの平均に比べ低身長だが、逆に体重は5kgほど重く、体脂肪も1桁である鍛え抜かれた肉体から生み出される身体能力はバツグンで、80cmを超える高い跳躍力をもつ。

なんとレブロンとの黄金コンビ復活へ!!!

RT @ct_nba: ウェイドがキャブズと1年230万ドルで契約に合意しました。

これでレブロンとのホットライン復活&キャブズはとんでもないビッグネーム揃いとなりました。 pic.twitter.com/nJkYdzLujt

え!?!?
知らん間にウェイドがキャブス行ってるやん!!!
ヤバい!
何がヤバいってレブロンとのコンビ復活とかブルズが本格的に終わったこととか!!

母「ウェイドはキャブスに行くし民進党は希望と合流するし、世の中めちゃくちゃやね」

お母さんもビックリ!!!

9月26日(日本時間27日)、シカゴ・ブルズとの契約バイアウト(買い取り)に合意後フリーエージェントになったドウェイン・ウェイドが、クリーブランド・キャバリアーズと1年230万ドル(約2億5800万円)の契約に合意したと『The Vertical』が伝えた。

実はレブロンがラブコールを送っていた!

今回の移籍においてレブロンはウェイドにチームに加わるよう熱心に説得を試み、それに大親友であるウェイドが応える形で契約合意に至ったようです。他候補で挙げられていたチームとCLEの掲示した契約金自体にはそれ程大差がなかったため、彼が本当にプレーしたいと思える環境を純粋に選んだ結果と言えるでしょう、そしてそこにはやはりレブロンの存在があったわけですね。

また、『Cleveland.com』は、匿名のリーグ関係筋からの情報として、ウェイドがキャブズ以外のチームと契約する意思がなかったと伝えた。

2人が組んだらどんなにすごいか!

また観られるんです!このコンビ!(泣)

ドラマティックでストーリーがあって...NBAはおもしろい!!!

しかしレブロンの陰となる事を拒んだカイリーアービングがチームを去った直後、かつてヒート時代レブロンに次ぐ二番手である事を厭わなかった相棒のウェイドが加わるとは物凄いドラマですよね。

Wade came back to LeBron! ❤️ pic.twitter.com/N60Wsh9lRb

開幕が待ちきれないですよね...だって...

新天地を求めたアービングのセルティックスと黄金デュオ復活のキャブスがいきなり激突!!!

なんと開幕戦はCELTICS vs. CAVS!!!

-Uncategorized

×