オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

ラストランを飾るボルトの400mリレー決勝は棄権で幕を閉じる


「もうこの世界でやりたいことはすべてやり遂げたよ」

2015年にボルト選手は「2017年に現役を引退する」と表明した。今回のロンドン大会はボルト選手の現役最後の走りとなる。

引退後にやりたいことを聞かれると、「サッカーだね、間違いなく」と答えた。

「俺は生きる伝説になる」。

2002年、15歳の時に世界ジュニアで金メダルを獲得して以来、ボルトは世界で走り続け、エンターテイナーとして世界を楽しませ、世界を驚かせ てきた

陸上以外でも自ら率先して基金を立ち上げ、夢を追う母国ジャマイカの子供たちのために力を注いできた。

男子4×100mリレー決勝は12日(日本時間13日)ラストラン

日本はアンカーを藤光謙司選手に入れ替えるメンバーで臨む

100mで準決勝、200mで決勝に進出したサニブラウン・ハキーム(18、東京陸協)が足に痛みを訴え予選から欠場

出典<世陸速報>4×100リレー。ボルト負傷で日本が初の銅メダル獲得 | THE PAGE(ザ・ページ)

オランダで指導するレイダー・コーチとも話し合ったといい、「無理をさせたくないのが双方の考え。大切な選手なので」

8/12ロンドン世界陸上 男子・4×100mR決勝のオーダーが発表。
日本は予選4走のケンブリッジ飛鳥から藤光選手へ変更で(多田-飯塚-桐生-藤光)のオーダー。
ジャマイカは(マクレオド-フォルテ-ブレイク-ボルト)と110mH王者が1走に。

予選でアンカーを務めたケンブリッジ飛鳥(24、ナイキ)もコンディション不良のため、決勝ではアンカーはベテランの藤光に代わった。

出典<世陸速報>4×100リレー。ボルト負傷で日本が初の銅メダル獲得 | THE PAGE(ザ・ページ)

"日本は、ベストの最速メンバーを組めなかった"

出典<世陸速報>4×100リレー。ボルト負傷で日本が初の銅メダル獲得 | THE PAGE(ザ・ページ)

リレーの注目はやはりラストランを飾る「ウサイン・ボルト」

12日夜の4×100メートルの主役は、ボトル選手であることだけは間違いない。

(日本時間13日)

ジャマイカ「人類最速の男」ボルトへバトンバス!

英国、米国、日本と先頭を争う位置でバトンを受け取り、一気に抜け出すシーンを誰もが予想していたが、想定外の事態が待っていた。

-Uncategorized

×