オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

日本には30人しかいない!?オリンピックで最もマイナーな競技って知ってる?


東京オリンピックの競技は全部で32競技339種目

既存の28競技以外の5競技18種目(東京2020提案の追加種目)が決定しており、これらと合わせて東京2020オリンピック競技大会の実施種目数は339種目、選手数の上限は11,090人となります。

2020東京オリンピックでの追加は5競技18種目

●野球・ソフトボール(2種目)
野球(男子)
ソフトボール(女子)

●空手(8種目)
形(男子/女子)
組手(男子/女子)
組手3階級(男子/女子)については今後決定されます。

●スケートボード(4種目)
パーク(男子/女子)
ストリート(男子/女子)

●スポーツクライミング(2種目)
ボルダリング・リード・スピード複合(男子/女子)

●サーフィン(2種目)
ショートボード(男子/女子)

その339種目の中で最もマイナーな競技とは...

ずばり!近代五種

ちょっと待って,,近代五種って??

近代オリンピックの父・クーベルタン男爵が、近代オリンピックを創設する時、古代アテネオリンピックの五種競技(レスリング・円盤投・やり投・走幅跳・短距離走)にならい、「近代」オリンピックでの五種競技をと考案・創設したのが近代五種であり、このことから「古代」五種競技に対して「近代」という言葉がつけられています。

近代オリンピックでは1912年の第5回ストックホルム大会で、近代五種は正式競技となった。近代オリンピックの父と呼ばれるピエール・ド・クーベルタン男爵が提案したのが始まりと言われ、男爵はこの近代五種を「スポーツの華」と評したとも言われている。特にヨーロッパにおいては、ステータスの高い競技として人気を博している。

正に近代五種は、クーベルタン男爵によって近代オリンピックとともに生み出された競技で、近代オリンピックの精神を体現する競技、その申し子であり、数あるオリンピック競技の中で唯一、国際オリンピック委員会(IOC)から誕生した競技です。

何度も存続の危機に...

2008年北京オリンピックの前に、2012年ロンドンオリンピック以降の競技の削減候補の1つとして挙げられたが、その時点では見送りという結果になった。これ以前にもオリンピックのスリム化の議論などと並行して繰り返し削減候補とされてきたものの、2020年東京大会までオリンピック競技としての存続が決まっている。

競技ルールは??

初めに先の3種目を行ない、それぞれの結果を規定のポイントに換算。「1ポイント差=1秒」とし、上位の選手から時間差でスタートして、射撃とランを交互に繰り返す「コンバインド」を4セット行ない、ゴールした順位が最終的な結果となる。

近代五種の詳しいルールはこちら

競技1:馬術

◆馬術
・貸与馬競技であり、選手が抽選で引き当てた馬に、競技20分前から試乗して準備をする。
・全長350m~450mに配置された12個障害(ダブル障害・トリプル障害×各1を含むので、実質15個)を所定時間内に飛越する。
・2回の落馬またはタイムオーバーの場合その時点で競技中止となり、残った障害の減点等をして、採点がなされる。
・1,200点からの減点方式である。
・主な減点
 所定時間オーバー1秒毎:- 4点
 障害落下:- 20点
 不従順:- 40点
 拒止・逃避で障害落下:- 60点
 1回目の落馬 :- 40点
 2回目の落馬:失権

競技2:水泳

◆水泳
・200m自由形のタイムレースで、100分の1秒まで計時する。
・エントリータイムの遅い選手の組からスタートとなる。
・男女2分30秒1,000点とし、1秒毎に12点が増減される。

競技3:フェンシング

◆フェンシング
・エペ種目で、総当たり1分間1本勝負を実施する。
・同時突きの場合時間内であれば再度実施し、時間内に勝負が決しなかった場合両選手ともに負けとなる。
・勝率70%(35試合の場合25勝)を1,000点とし、1勝敗毎に24点が増減される。

競技4,5:コンバインド(射撃,ランニング)

-Uncategorized

×