オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

ランニングホームランから守備妨害まで…阪神上本博紀を襲った珍事


▼阪神上本博紀の守備妨害で首位広島に敗れた阪神タイガース

阪神が1点を追う9回、1死から西岡が安打で出塁し、前打席でランニング本塁打の上本博紀内野手(31)が打席に入った。

追い込まれてからの6球目、低めワンバウンドの球を上本が空振り三振。一塁走者の西岡がスタートを切っていたが、捕手会沢は打者上本と重なる形になり送球が乱れた。

【阪神】反撃ムードもまさか!守備妨害でダブルプレー試合終了 dlvr.it/Pb26Dz #野球 #スポーツ新聞 pic.twitter.com/Ku2NrK74r2

このプレーに守備妨害が適用され、ダブルプレーで試合終了。金本監督も必死に抗議したが、結果は変わらなかった。

「審判の判定だし…。ベンチからはそう見えなかったけど、そう説明されたらリプレイ(検証)ができるわけでないし。意図的でなくても、結果的に妨害したということだった。そういう判定ですから」

阪神金本監督のコメント

・まさかの幕切れにツイッターがザワついていた

上本の守備妨害じゃないよね?

@11NMBaystars30 あれで守備妨害はなかなか厳しいのもありますが、、

せっかくランニングHRも撃ったのに、上本はヒーローななり損ねましたね

最後の上本の守備妨害。バッターボックスから出てるからね。しゃーない。間違いなくルール違反。

▼追い上げる7回では19年ぶりのランニングホームランを放っていた

2-4とリードされた七回。一死走者なしで、広島2番手の中田から上本が放った打球は左翼へ。

松山が背走しながら捕球を試みるも、打球はグラブをはじき、フェンスに当たったのちに転々。それを見た上本は全力疾走し、一気に本塁まで生還。今季6号本塁打を足でもぎ取り、広島に1点差と迫った。

阪神選手のランニングホームランは98年7月4日広島戦(広島)坪井以来、19年ぶり。

・珍しいランニングHRにNMB48の山本彩も興奮!

上本選手ランニングホームラン!!

激アツ!!

#阪神

上本選手スゲーな✨✨
あんぐらい足速けりゃなぁ…

#ランニングホームラン
#阪神

阪神負けとるし.....
上本、ランニングホームランってすげえなwww

しかし上本のランニングHRはビックリしたわ…阪神では1998年の広島市民球場で坪井智哉現DeNA打撃コーチ以来ですな^^;(しかも坪井はそれがプロ初ホームラン)

タイガース上本…

ランニングホームランもあれば、守備妨害でゲーム終了とは…

▼上本博紀は広島広陵出身でカープファンにも馴染みが深い

広島・広陵高では1年夏から甲子園に4季連続出場。地元の球児にとって、あこがれだった。3年時の“上本先輩”に目を輝かせた一人が、広島商高1年だった柳田だ。

-Uncategorized

×