オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

卓球の有名なカットマン一覧


国籍:日本

生年月日:1967年8月28日

最高世界ランク:17位

身長:171cm

全日本選手権大会 シングルス優勝
全日本選手権大会 ダブルス優勝
世界選手権マンチェスター大会 ダブルス 3位
世界選手権クアラルンプール大会 男子団体 3位

従来のカット主戦型は、カットで粘り、相手のミスをひたすら誘うタイプが多かった。しかし、松下はカットでチャンスを窺いながら、隙あらば攻撃を仕掛けていた。武器であるカットは非常に回転が重く、元全日本監督の前原正浩によれば「相手は鉄アレイを持ち上げながらスイングするようなもの」と解説している。

国籍:日本

生年月日:1967年4月6日

身長:172cm

プロツアー・カタールオープン ダブルス優勝
世界選手権マンチェスター大会 ダブルス3位
全日本選手権大会 シングルス優勝
全日本選手権大会 ダブルス優勝7回

日産自動車に所属し、陳龍燦、高志亮とともに常勝時代を築いた。また男子日本代表として世界卓球選手権に7大会連続出場した。オリンピックにも3大会連続出場している。全日本卓球選手権大会では1999年に初優勝を飾った。

渋谷浩 vs 偉関晴光 平成14度全日本

国籍:日本

生年月日:1989年7月22日

最高世界ランク:19位

プロツアーエジプトオープン シングルス優勝
プロツアースペインオープン ダブルス準優勝
ブルガリアオープン シングルス優勝
第52回世界卓球選手権団体戦(東京大会)準優勝

2008年12月に行われたITTFプロツアーグランドファイナルの21歳以下の部、女子シングルスで優勝した。2014年、第52回世界卓球選手権団体戦(東京大会)に出場。 日本チームの三番手として、31年ぶりの決勝進出に貢献した。

石垣優香 VS 森薗美咲 ブルガリアオープン2016

国籍:日本

生年月日:1996年10月14日

最高世界ランク:21位

身長:180cm

ワールドツアー チェコオープン シングルス優勝
ワールドツアー グランドファイナル(U-21) シングルス準優勝
ワールドツアー ジャパンオープン ダブルス準決勝

180cmの長身から繰り出す安定感のある両ハンドカットに加え、力強い両ハンド攻撃を併せ持つ、現代カットマンの先駆けとなるカットマン。同じ卓球選手の平野美宇はいとこにあたる。

村松雄斗 VS モンテイロ ワールドチャンピオンシップ2017

国籍:日本(中国からの帰化)

生年月日:1976年

世界選手権 女子団体優勝
プロツアースウェーデン大会 優勝
全日本卓球選手権 2位
全日本卓球選手権 シングルス優勝

回転を掛けたカット、ナックル性のカットを使い分けてミスを誘うが、特に回転を掛けたカットは、カット打ちで返すことが難しいほどの強烈な回転を掛けている。比較的後陣でプレイすることが多い。

王輝 vs 藤沼亜衣 全日本卓球選手権

国籍:日本

生年月日:1997年12月23日

最高世界ランク:9位

身長:163cm

ITTFクロアチアオープン シングルス優勝
ITTFオーストラリアオープン ダブルス優勝
ITTFベラルーシオープン ダブルス優勝
アジア卓球選手権大会 団体準優勝

平成28年度全日本卓球選手権では自身初のベスト4に入る。第54回世界卓球選手権個人戦に推薦枠で代表に初選出。2017年のカタールオープンの決勝トーナメントのリー・ジェ戦では1ラリーで10分13秒、766回ラリーが続いた。

佐藤瞳 vs リー・ジェ カタールオープン

国籍:日本

生年月日:1998年7月5日

最高世界ランク:16位

身長:169cm

アジア選手権 ダブルス3位
ベラルーシオープン ダブルス優勝
オーストリアオープン ダブルス優勝

バックハンドサービスから試合を展開しチャンスがあればバックハンドの強打で打てる。2017年アジア選手権に代表に選出、ダブルスでは佐藤瞳と出場し銅メダルを獲得。

橋本帆乃香 vs 芝田沙季 チャレンジ・クロアチアオープン2017

国籍:韓国

生年月日:1981年11月17日

最高世界ランク:7位

身長:161cm

プロツアー・チリオープン シングルス優勝
プロツアー・グランドファイナル ダブルス準優勝
第50回世界選手権 シングルス ベスト16、ダブルス3位

2008年の北京オリンピックの女子シングルスでは4回戦まで進出し王楠に敗れた。また女子団体では銅メダルを獲得している。 2009年の第50回世界卓球選手権個人戦横浜大会でもキム・キョンアとのペアで2大会連続ダブルスの銅メダルを獲得している。

朴美英 vs 朱雨玲 ジャパンオープン

国籍:韓国

生年月日:1980年1月20日

最高世界ランク:5位

身長:180cm

第47回世界選手権パリ大会 シングルス準優勝
第48回世界選手権ブレーメン大会 男子団体準優勝
ロンドンオリンピック 男子団体銀メダル
第49回世界選手権広州大会 男子団体準優勝

ブツ切れで安定感抜群の両ハンドカットが基本だが、昔、ドライブ主戦型だった為か、フォアハンドの攻撃力も攻撃型と言っていい程に高い。2003年の世界選手権パリ大会での準優勝という実績や、そのプレーの安定性などから世界最強のカットマンとの呼び声が高い。

国籍:韓国

生年月日:1977年5月25日

最高世界ランク:4位

身長:165cm

プロツアーグランドファイナル ダブルス優勝
アテネオリンピック シングルス銅メダル
北京オリンピック 女子団体銅メダル
プロツアーブラジル大会 シングルス優勝

粘り強いカットと攻撃で試合のペースを握る。ダブルスでは、このカットの粘りとパクミヨンの攻撃力が光る。北京オリンピックの女子団体ではシングルス、ダブルスで2勝をあげて韓国の団体銅メダル獲得に大きく貢献した。

金暻娥 vs シェン・イェンフェイ ジャパンオープン2012

-Uncategorized

×