オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

一体何処へ?本田圭佑の去就にみんながヤキモキしている


本田のACミランとの契約が満了に

ミランに所属する日本代表のMF本田圭佑が30日、契約期間を満了する。契約延長はなく、本日をもって正式に退団となると、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が伝えている。

30日をもってミランとの契約を満了する。先月、本田本人もSNS上で退団表明を行っており、契約延長は予定されていない。本田は3年半にわたり背負ってきたミランの背番号10番に別れを告げ、今夏の移籍市場で新天地を求めることになる。

依然として去就は未定の状態

当初はプレミアリーグ移籍の噂が立つ

プレミアリーグの強豪アーセナルが、ACミラン退団が決まっている日本代表FW本田圭佑(31)の獲得を検討していることが15日までに分かった。

選手としてだけでなく、アジア戦略における“ブランド力”を高く評価。既に補強リストに名前を挙げているという。

あちらではメジャーリーグサッカーへの噂も

6月末でミランを退団した日本代表のMF本田圭佑に、MLS移籍の可能性が浮上している。イタリアのMLS情報サイト『MLS Italia』が3日、報じている。

本田は2日、インスタグラムの公式アカウントを更新し、アメリカ・ロサンゼルスで練習を行っていることを報告した。

なお、1月の移籍市場ではLAギャラクシーも本田の獲得に興味を示していたが、現在はFWズラタン・イブラヒモビッチらが獲得候補に挙げられており、実現する可能性は低い。

と思ったら、こちらではトルコのガラタサライの噂が…

そんな本田に対してトルコの強豪クラブ、ガラタサライが年俸200万ユーロ(約2億5000万円)、2年契約のオファーを送り、返事を待っていると伝えられた。

その後、さらにガラタサライが本田について興味を持っていることは事実と報じられ、今後の動向に注目が集まっていた。

スペインの噂も?

このほかにもトラブゾンスポル、スペインのラス・パルマスやレバンテが興味を示しており、今後の動向は注目されるところだ。

さらに以前は中国への移籍の噂も

中国も選択肢!? ACミランを退団する日本代表FW本田圭佑(31)が15日、中国・上海で自身のサッカー教室を行った。

現地メディアから中国リーグ移籍の可能性を問われ「(オファーが)来たら考えます。誘われたら、その時に考えたいなと思います」と発言。

今夏の移籍については1日に「基本的にオープンマインドですよ」と独特の言い回しで幅広い選択肢から選ぶとしている。

-Uncategorized

×