オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【サッカー選手列伝】懐かしのストライカー動画つきまとめ


ロナウド(ブラジル)

90年代から2000年代を代表するサッカー選手の1人であり、歴史上最も優れたストライカーの1人とされている。
ブラジル代表の一員として4度のFIFAワールドカップ(1994年アメリカ大会(出場機会なし)、1998年フランス大会、2002年日韓大会、2006年ドイツ大会)に出場。MVPに選ばれたフランス大会では準優勝、得点王になった日韓大会では優勝に貢献した。

ブラジル代表通算62得点は77得点のペレに次ぐ第2位。FIFA最優秀選手賞を3度、バロンドールを2度受賞するなどの成功を収めた。

貧しい環境で育ったため、現在はチャリティマッチなどの貧困撲滅運動も行っている。

所属クラブ インテル ACミラン レアルマドリード など

アンドリー・シェフチェンコ(ウクライナ)

出典ameblo.jp

愛称はシェバ(Sheva)。ヘブライ語で数字の7を意味するため、本人も背番号は7番(もしくは7の入る数字)にこだわりがある。 トップスピードから矢のようにゴールを奪うスタイルから「ウクライナの矢」とも称される。

バロンドールをもらいながらもW杯には縁が薄く、ウクライナは彼が現役時代には一度の出場にとどまっている。

2004年にバロンドールを受賞。UEFAチャンピオンズリーグにおいて歴代10位タイとなる147試合に出場し、歴代5位の67得点を記録した。そのほか、ミラノダービーでは歴代最多得点となる14得点を挙げている。

所属クラブ ディナモ・キエフ ACミラン チェルシー

クリスティアン・ヴィエリ(イタリア)

国際サッカー連盟 (FIFA) の創設100周年を記念してペレが選んだFIFA 100の存命125選手の一人。1999年のチーム移籍時に、インテルがラツィオに支払った3,200万ポンドの移籍金は当時史上最高額であり、その後、この記録は数回しか破られていない。

体格を武器に相手ゴールに迫るストライカー。空中戦に優れ、ヘディングによる得点はイタリアリーグ史上最多である。ポストプレーにも優れ、左足のシュートで多くの得点を重ねた。そのため「重戦車」と評されることもある。

代表でも不動のFWの一人として一時代を築いた。

所属クラブ ラツィオ インテル アタランタ など

パトリック・クライファート(オランダ)

オランダ代表の前歴代最多得点者である。現役時代のポジションはフォワード。オランダ語読みに近いクライフェルトと表記されることもある。

オランダ代表としてはEURO2000では輝きを放ったが、その後監督との不和などが理由で冷遇されることとなった。

所属クラブ PSV FCバルセロナ アヤックス ニューカッスルなど

ガブリエル・バティストゥータ(アルゼンチン)

1990年代を代表するフォワードの一人で、長くイタリア・セリエAで活躍し、セリエAの外国人最多通算得点記録を保持している。またアルゼンチン代表にも選抜され、歴代2位の得点記録保持者である。2005年に引退した。ニックネームは獅子王、バティ、バティゴル(バティゴール)。

家族は妻と4男。サッカー界から引退後は、アドルフォ・カンビアッソのもとでポロを学んでおり、プロ選手として試合にも出場している。

所属クラブ ボカ・ジュニアーズ フィオレンティーナ ローマ など

デニス・ベルカンプ(オランダ)

12歳でアヤックスのユースに入ったベルカンプは、ヨハン・クライフに才能を見出されデビュー。
1995年にアーセナルに移籍しチームの中心として活躍。二冠等に貢献。また、2003-2004シーズンには無敗でプレミアリーグを制するなど、一時代を築いた。1998年フランスワールドカップのアルゼンチン戦などで技巧的なゴールを数多く挙げた。
極度の飛行機恐怖症という弱点を持つことでも有名である。このためヨハン・クライフのニックネームをもじって「Non-flying Dutchman(飛ばないオランダ人)」と呼ばれた。

所属クラブ アヤックス アーセナル インテル など

ミロスラフ・クローゼ(ドイツ)

オーストリア戦で代表通算68得点目を挙げ、ゲルト・ミュラーのドイツ代表歴代最多得点記録に並んだ。そして2014年マインツで行われたアルメニアとの試合で途中出場からゴールを決めて、ゲルト・ミュラーの記録を40年ぶりに塗り替えた。
本大会では7月9日の準決勝では、ブラジル戦で前半23分に右足でシュートを決め、以降6分間でドイツ代表が立て続けに3ゴールを奪うというドイツ圧勝への道筋をつけた。またこのゴールにより、ワールドカップ通算得点を16点とし、記録を更新した。

所属クラブ ブレーメン カイザースラウテルン バイエルン・ミュンヘンなど

-Uncategorized

×