オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

【千葉ロッテ】苦労人・三家和真(みけ かずま)選手のこれまでを振り返る


市立和歌山高校の好打者

2011年 広島カープに入団(育成ドラフト4位)

野村祐輔、菊池と同じ年に入団

2011年のドラフト会議でカープから育成4位での指名を受けた。大学に進学をすることも考えたが、「このチャンスを逃したくなかった」と挑戦をすることを選んだ。

「前田智徳選手のようになりたい」

「必死に貪欲にアピールしたい」

もともと右打ちだが、高2の冬から本格的にスイッチヒッターとして台頭した三家は「キャンプでは走攻守すべてを、必死に貪欲にアピールしたい。左のパンチ力もつけたい」と話した。

しかし、ケガに悩まされる

カープでの出会いが、その後の三家を支える

鈴木誠也の世話役を任される

三家には忘れられない出会いがある。カープ在籍時の2年目。高校出のルーキーが入団をしてきた。一つ年上の野手ということで世話役を言い渡され、寮での生活のルールなどの指導を任された。よく練習をする選手だった。夜、寮の隣の室内に明かりがいつまでも灯っている。のぞいてみると大抵、その選手が練習をしていた。今、カープの主力として活躍をする鈴木誠也外野手だ。

戦力外通告を受ける

2014年3月1日 BCリーグのドラフト会議で信濃グランセローズから指名を受ける

ルートインBCリーグは1日、合同トライアウト(入団テスト)とドラフト会議をさいたま市のロッテ浦和球場で行い、信濃グランセローズは昨年まで広島の育成選手だった三家和真(みけ・かずま)外野手(20)を1巡目、既に練習生契約を結んでいる東風平(こちんだ)光一投手(23)を2巡目で指名した。

2015年5月1日 BCリーグの石川ミリオンスターズに加入

プロ野球独立リーグ・ルートインBCリーグ(Baseball Challenge League)の石川ミリオンスターズは、下記内容の通り、新入団選手が決定しましたのでお知らせ致します。

• 三家 和真 (ミケ カズマ) 内野手
背番号:25
1993年8月13日生 身長:180cm 体重:80kg 右投両打 和歌山県出身
【経歴】和歌山市立和歌山高校、広島東洋カープ(2012-2013年)、信濃グランセローズ(2014年)

苦しい日々

独立リーグでの日々は衝撃の連続。練習をしたくても専属のグラウンドや室内練習場はなく学生などが使っている場所を借りて限られた時間にしか使えない。経済的にも非常に厳しかった。給料はシーズン中しか出ず、手取りで10万円あるかないか。だから、オフはアルバイトをして過ごした。引っ越し業、ホテルの配膳、食品工場では白衣を着て作業を手伝った。いろいろな仕事を朝から夜まで精を出しても生活は苦しかった。

カープの後輩を思い出し、耐える

-Uncategorized

×