オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

ルーニーはトレード要因!?マンUのルカク獲得の秘策にファンからは驚きの声


ルーニーはトレード要因!?

マンチェスター・ユナイテッドは移籍金1億ユーロ(約125億円)と言われるエバートンのベルギー代表FWロメル・ルカク獲得に向け

主将FWウェイン・ルーニー譲渡を含めたオファーを出す可能性があるという。英紙「デイリー・エクスプレス」が報じた。

マンUはエース「イブラヒモビッチ」の去就が不透明

昨夏に1年契約でマンチェスター・Uに加入したイブラヒモビッチは、公式戦46試合に出場し、28得点を記録。新天地でもエースとしての活躍を見せていた。

しかし、4月に行われたヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦で膝の靭帯断裂を負い、5月上旬にアメリカで手術を受けていた。

夏の移籍市場ではアトレチコ・マドリードのFWアントワーヌ・グリーズマンが第一候補と言われていたが、イブラに代わる新たなセンターフォワード獲得にシフトすると見られている。

しかし、ルカクはチェルシーとの争奪戦....

ユナイテッドはエバートン所属のベルギー代表FWロメル・ルカクとレアル・マドリー所属のスペイン代表FWアルバロ・モラタを獲得候補に挙げている

ただし、エバートンは同選手の違約金を1億ユーロに定め、辣腕代理人のミノ・ライオラ氏もその価値を認めている。チェルシーなど獲得を争うライバルも多い人気銘柄だけに、争奪戦は必至となる。

「ロメル・ルカク」とは?

相手ディフェンダーをものともしない強靭なフィジカルと突破のスピード、爆発的なシュート力を併せ持ち、ディディエ・ドログバ2世として注目を集める

2014年1月、ルカクは彼の23歳の誕生日の前にプレミアリーグでの通算50得点を達成。過去5人しか成功していない偉業となった。

2014年にチェルシーからエヴァートンに完全移籍で放出されたルカク。今シーズンはリーグトップの24ゴールをマークする活躍

ルカク獲得のため、全盛期を過ぎたルーニーはトレードに...

ルカク引き抜きに本腰を入れたユナイテッドは、金銭に加えてエバートン出身のルーニー譲渡を含めたオファーを準備しているという。

今季ユナイテッド歴代最多得点記録を更新したルーニーだが、全盛期のキレを失いベンチ要員に降格

今夏の移籍が取り沙汰されていたが、クラブは新ストライカー獲得のためのトレード要員として使おうとしている。

このニュースが話題になっている

ルカクって今エバートンだよな。ルーニーがエバートンに戻る事になるかもって事か。

ルーニーをルカクとの金銭及び譲渡とか
悲しくなるわな。
ルーニー自体今夏に移籍かとか出てたけど

ルーニー。マンUの大功労者だが、近年は特にシーズン序盤のコンディション不良が目立つ印象。ゲームメーカーではないがトップ下、ポストプレイ、ウイング的役割、ストライカーと何でもこなせる万能性はさすが。無理だろうけどいつか日本に来ないかな。headlines.yahoo.co.jp/article?a=2017…

ルーニーはエバートンに戻るのか?
実はジョゼは残って欲しいと思ってないか

マンUがルーニーをトレード要員に? エバートン“125億円FW”獲得の秘策となるか(Football ZONE web) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/article?a=2017… @YahooNewsTopics

ルーニーの今期の働き考えたら仕方ないかー。

-Uncategorized

×