オレ的スポーツニュース速報

様々なスポーツに関する情報をまとめます。

日本代表がフィンスイミングW杯で「銀メダル」獲得!メンバーはあのお笑い芸人!


フィンスイミングW杯で「銀メダル」獲得!

オードリー 春日さん じゅんいちダビットソンさん

チェコ共和国のプラハで行われた「フィンスイミングワールドカップマスターズ大会」の4×100mリレーでオードリー春日、じゅんいちダビッドソン、堀本晋哉、金子祐介の日本チーム

9日、TBS系「炎の体育会TVスペシャル」で6月中旬に行われた大会の模様が放送された。

堂々の銀メダルです!

競技は序盤、第1泳者のじゅんいちが5位で終える苦しいスタート。しかし、第2泳者・堀本晋哉選手が驚異の追い上げをみせ2位まで浮上する。

そのまま第3泳者・金子祐介選手、アンカーの春日が逃げ切り、昨年のタイム3分15秒8を7秒近く上回る3分8秒79でフィニッシュ。

1位エストニアには及ばず優勝を逃したものの、昨年敗れたイタリアを下し、見事銀メダルを手にした。

個人戦はイマイチ?

「プレッシャーはあります。ウチの嫁が喜ぶ顔を見たい」と意気込んだじゅんいちダビッドソン(41)

個人100メートルでは、レース直前にトラブルがあり「最悪ですね。チェコまできて」と7位に沈んだ。

一方の春日も「唯一無二の存在になりたい」と言っていたが、個人50メートルでは11位だった。

来年は金メダルもに期待!

なお春日は、昨年6月に開催された「フィンスイミングワールドカップマスターズ2015」の4×100mリレーでも銅メダルを獲得しており、今回は当時のチームよりタイムを約7秒縮めている。

順位もタイムも昨年を超える上々の結果だが、アンカーとして代表チームをけん引した春日は、レースを振り返り

「メダルは獲れたけれども、最高でも金、最低でも金で挑んでいたので、めっちゃ悔しい~金がいいです~。今後は女優になります」とコメント。謎(?)のテンションで悔しさをあらわにした。

フィンスイミングとは?

フィン(足ひれ)をつけて行う泳ぎで、2枚のフィンを左右の足に履くビーフィンと、両足をそろえて1枚の大きなフィンを履くモノフィンとがある。

足のキックのみで推進し、モノフィンは50mを14秒台、100mを33秒台で泳ぎきり、水中では秒速3m以上のスピードになる。ワールドゲームズの公式競技。

twitterでも話題に

凄いなー!!フィンスイミング日本代表の春日&じゅんいち、世界大会で銀メダル獲得 - お笑いナタリー natalie.mu/owarai/news/19…

炎の体育会系TV、春日もそうだけどじゅんいちダビットソンも結果出してて凄い
こういう、番組側のやらせが及ばない領域で結果を出すような企画が増えてって欲しい
レースの映像自体をCGで改変してたらもう知らんけど

世界のドルフィン大会

春日、じゅんいちダビットソン
世界大会で銀メダル!

めっちゃ凄い!

何気に凄い~✨
オードリー春日&じゅんいち、フィンスイミングW杯で「銀メダル」獲得!(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160709-… #Yahooニュース

-Uncategorized

×